« September 2005 | Main | November 2005 »

10/31/2005

今更ながら千葉ロッテの優勝について

日本シリーズは千葉ロッテの4連勝という意外な結果に終わった。
当初予測ではどっちかというと「阪神有利」だっただけに、世間的には「なんで??」という声が多かったと思うが、その中で「阪神は間が空きすぎて試合勘が戻らず、大差になった」という声が多いのには、「ちょっと違ううんでねーの」と思った。
じゃあ、パリーグが前期、後期制の時も、パリーグが有利、もしくは少なくともシリーズの開始当初はパリーグが勝っていたか、というと必ずしもそうではないと思う。48年の南海(ああ、懐かしい名前)、53年の阪急、54年、55年の近鉄、56年の日本ハムと結構パは日本シリーズ優勝を逃しているし、ぎりぎりまで優勝が決まらず苦しんだチームはパもセも結構ある。それでも当時の論調は、むしろ「休養がないので不利」というものだったと思う。
今回は、たまたま阪神という人気チームで、しかも戦前の予想を覆したからこんな声が上がるだけだと思う。
実際今年の千葉ロッテの優勝は見事なものだし、阪神の攻めのまずさ(バントの失敗や主力打者の不振)やリリーフの使い方のまずさ(JFK以外の投手の引っ張りすぎ)、守備陣の乱れ(それに対して千葉ロッテの内野守備の見事なこと)が大差の原因でしょ? 日程だけのせいではない。ここを見誤るとまた変な制度改定が行われて、プロ野球人気に水を差しかねない。
ついでにいうと、今年の千葉ロッテの投手陣はできすぎだと思う。来年も今年の調子を保つのは至難の業。連覇は正直何らかのプラスアルファがないと厳しい、と思う。対する阪神は余力があるので、間違いなく優勝争いには絡むよ。
要は短期決戦の怖さ、を思い知ったシリーズということだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »