« December 2005 | Main | February 2006 »

01/30/2006

横浜FCのチケット価格値上げ

私はJリーグを観るのが好きで、特にJ2を観るのが好きだ。それは、totoをやっているから、という理由もあるが、技術を超えた、さまざまな「気持ち」の部分、上を目指す気持ち、負けることの悔しさ、この場所をクラブを守っていく気持ち、限られた戦力の中での勝つための工夫、などなどが肌感覚で感じられると思っているからだ。ひいきのチームは、川崎と、(東北に住んでいたこともあって)仙台、山形だが、ほんとに軽い「ファン」なので、レプユニ着たりとか、ゴール裏に陣取ったりとかはしていない。いわゆる、「地蔵」なわけで、このブログのタイトルもそこからつけている。(一応、タイトルが青黒になっているのは、フロンターレひいきだから)
というわけで、特にJ2はなるべく全チーム、生観戦したいと思っている。去年は、川崎、大宮が昇格したので、関東在住の自分としては、生で観れる場所が、笠松、三ツ沢、平塚とだいぶ限られていたため、結構厳しかった。平日の夜は行けないし。今年は、東京V、柏が降格したので、大分楽になるなぁ、と思っていたら、「はぁ?」というニュース。
2006 横浜FCホームゲーム チケットおよび年間パス価格のお知らせ(横浜FC公式より)
>A自由席(バックスタンド)
>大人3,000円(当日3,500円)
前売で3,000円? はぁ?? そりゃJ1並みだよ。会員で500円引きってそれでも前売り2,500円だよ。
ちなみに、他の関東のJ2チームのバックスタンド席
水戸ホーリーホックチケット価格表(水戸ホーリーホック公式)
バックスタンド 当日券で2,000円! 安い。ちなみにゴール裏は1,000円の出血価格!!
湘南はまだ2005年版のようだが、価格は当日で2,500円。でも一応メインスタンドの端っこも含めての価格。
草津はバックで当日で2,000円。この価格がJ2の標準価格、だ。
柏レイソル チケット価格表(柏レイソル公式)
バックスタンド両端は、当日券3,000円。中央は指定で4,000円~4,500円。こりゃJ1価格だね。ただし年会費3,000円払って後援会員になると前売り価格から更に1,000円引きになる。
東京ヴェルディ。
こちらもバックスタンド(1969シート)は当日3,000円。ただし前売りが1,969円と1,000円以上の大幅値引きでお得。
もちろん、各会場見易さも、設備も違うから一律の比較は意味がないとは、思うが、それにしても横浜FCは高いぞ。
ちなみにJ2でチケット価格が高いといえば仙台だが、バックスタンドの途中までを占めているサポーター自由席で当日2,800円。Sバックは3,500円と横浜並だがこれは指定席。
ベガルタ仙台公式ホームページ
ちなみに、J1の神奈川のチームは、川崎はバックのAゾーンで当日2,200円。横浜Fマリノスがバックの端っこのホーム自由席で当日2,500円。ってJ1チームより高いのか。
カズ効果で観客動員が上がったから、強気になったのかもしれないが、この価格設定はいったいどうなの? TV露出の少ないJ2リーグは生で観る観客あってのプロスポーツ。今年の横浜FCの観客数はいったいどうなる?? ちょっと心配だし、自分も三ツ沢(好きなスタジアムなんだけどなぁ)に行きづらくなるなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

01/28/2006

Jリーグ今年度の日程発表!

いよいよ、今年のJリーグの日程が発表になった。
J1リーグ日程(Jリーグ公式ページ)
J2リーグ日程(Jリーグ公式ページ)
まずはJ2リーグ。噂どおり第1節は仙台がお休み。降格組は東京Vが徳島と、柏が湘南、神戸が草津とそれぞれホームで対戦する。神戸が一番楽な相手に当たったと思うが、今までの降格チームはシーズン当初は大体危なげない勝ち方をしているがどうかな。
Jリーグ昇格1年目の愛媛は、横浜FCが相手。最初のホームゲーム+カズ効果で動員効果が見込める、というのがJリーグ側の狙いだろう。
私は、笠松に水戸-山形を観にいくつもり。体調がよければ翌日の等々力の川崎-新潟も観にいきたい。
というわけでtotoの準備にも入らなければ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/26/2006

財前 山形に移籍

仙台の財前が山形に移籍が決定した。
仙台戦力外の財前が山形入り「見返す」(日刊スポーツ)
財前といえばやはり仙台昇格のときの活躍が忘れられない。当時私は仙台に住んでいて、あの昇格の盛り上がりを実地に体験した。ここで勝てば昇格というアウェイでの当時最下位だった甲府(それが今年はJ1だもんなぁ)との対戦でのまさかの敗戦。ここで90分勝ちすれば昇格決定の鳥栖戦ではまさかのVゴール負け。試合終了後に静まりかえる仙台スタジアムをTV観戦したが、あの光景は忘れられない。
そして土壇場に追い込まれたアウェイでの京都戦。最後にゴールを決めたのは財前だった。
そして、その年最後まで昇格を争い、川崎にVゴール負けし涙を呑んだ山形に、財前が移籍する。
財前は昇格後も怪我などで出場機会を減らし、更に守備が弱いということから使われないことも多かったと思う。しかし、間違いなく攻撃に関しては非凡な才能を持っている。果たして、山形でその才能はもう一度輝くのか。
山形は基本的には堅い守備、中盤からのプレスと堅実な守備来意を特徴としたチーム作りを監督が変わっても継続している。そのような戦術の中では、財前はレギュラーをつかむのは正直難しいかもしれない。ただし、山形が昇格に絡んだ年は、プラスアルファとして強力な攻撃の駒が登場したときである。(根本や大島、林晃平ら)今年はレアンドロにその攻撃の核を託すことになるのだろうが、財前がスーパーサブ的に絡むと非常に面白いことになるだろう。
更に、新潟から川崎に移籍したマルクスが攻撃専門から、守備にも貢献するスタイルに大きく変えた例もある。どちらにしても、Jリーグにおいて屈指の盛り上がりを見せる「みちのくダービー」にまた興味深い要素か加わったことは間違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/09/2006

万歩計を購入

昨日テレビを見ていて、腰にぶら下げなくてもOKというタイプの万歩計があると聞いて、昨日購入。
万歩計の購入なんて、ポケットピカチュウ以来だな。ポケットピカチュウは結構はまっていたけど。
別に健康とかウォーキングだとかじゃないけどまぁ計ってみるか程度のもの。
ちなみに昨日の歩数は12,753歩。これって多いの? 少ないの??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/06/2006

手島が移籍!!

年明け急にJリーグ各チームの移籍情報が出てきました。東京Vの相馬は浦和かぁ。正直アレックスより上、だと思うけど何であえて浦和なのかねぇ。黒部も浦和か。これもタイプ的にはワシントンとかぶるし。でも一番のびっくりは京都の手島のガンバへの期限付き移籍!! 辻本戦力外で手島も移籍って、今日と大丈夫か?? 鈴木、リカルドで1年持つかなぁ。とにかくたまげました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »