« February 2006 | Main | April 2006 »

03/27/2006

第202回 toto結果

ダブル5口の32口購入も7勝6敗。ついにキャリーオーバーもなくなって、仕切りなおし。

 しかし、浦和は強い。ワシントン、強すぎ。松田、中澤でも全く止められんもんなぁ。あと、磐田はやばいよね。京都も苦しいけど、アレモンも復帰したからこれから、か。リカルドがスピードがないのは織り込み済みとしても、斉藤、米田がまだまだJ1のスピードに追いついていないのが痛い。ここが改善されれば、上積みは期待できるのだが。あと、やっぱり新潟はセレッソに弱いんだねぇ。

J2は、神戸、どうした、だな。バクスターは審判に問題があったといってるみたいだが、J2であんまりそれを求めても仕方がない部分はある。後は山形。今の東京V相手なら悪くても引き分けと見ていたのだが、2試合連続で退場者を出しては勝負にならん。ラモスはほめてたみたいだが、確かに山形は組織的に守れるいいチーム。でも、相手に負け惜しみを言わせるぐらいにならないと。

.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/26/2006

水戸は強い~J2第5節水戸-柏

本日は笠松で水戸-柏のJ2上位対決を観戦。

「常磐線ダービー」ということもあってか、柏サポも大挙して来場。ゴール裏を黄色で埋め尽くす。仙台、山形も多いが、やはりこれが元J1の意地か。

20060325_kasiwa

何より驚いたのはこの試合の主審が岡田氏だったこと。ウォームアップ時に姿を見た時「まさか」とは思っていたが、J2のこの試合に来るとはな。(もっとも主審発表時には柏サポに動揺が走っていましたが)今年の柏は中盤の守備が相当厳しくくるので、その牽制の意味があるのかな。

20060325_kasamatu

水戸0-1柏

前半は水戸ペース。セカンドボールをやや下がり気味に位置した水戸が支配し何度もチャンスを作る。一方柏は左サイドの平山、小林祐三が絡んで切り崩しを図るが、水戸の堅い守備に阻まれる。しかし、先制点は数少ない右サイドからの崩しの中で、柏の小林亮が鮮やかなシュートを決める。後半は柏がディエゴを高めの位置に変え、立ち上がりから攻勢をかえるがフィニッシュに精度を欠き追加点が奪えず。水戸も最後には時崎を下げ3バックにして攻めるものの、最後まで点が奪えなかった。

柏の感想

  • はっきりいって内容は良くなかった。勝ち点3を拾ったことが唯一の収穫か。
  • 特に右サイドの谷澤は完全に消えていた。
  • あとはFWの決定力不足は深刻じゃないかな。今はいいけど、このままじゃ苦しむ時期が必ず来る。
  • 山根、岡山は確かにいい。が、この2人を欠いたときがやはり怖い。
  • 永井を出してくれたのは、石崎さんから水戸へのプレゼント?

水戸の感想

  • アンデルソンが開幕戦とは見違えるようですよ、奥さん。
  • 2トップの関係も良好
  • スタメンで椎原起用、秦左サイドにすることで、柏の右サイドを上手く封じていた。高橋スタメン外しに前田さんの勝ちたい気持ちが出ていたと感じた。
  • 相変わらず「ゴール前」は固い、固い。まぁ、ゴール前までは運ばれてしまうのだがな。
  • 惜しむらくは、パス精度や決定力だが、それがあれば安定してJ2中位以上にいるよな。

オマケ 今日の岡田主審

  • 岡田さん、インターセプトが上手すぎですよ。(柏サポ、怒ってましたよ)
  • カードは相変わらず多かったが、ゲームを壊すまでは行かなかったのでよしとしよう。

 水戸は間違いなく強い。アンデルソン、権東もフィットしだして、持ち味の守備の堅さも健在。選手層の薄さから調子の波はどうしても避けられないだろうが、この調子で行けば面白い存在になりそう。

 一方、柏は徐々に内容が悪くなっているのが気がかり。とりあえず結果は出しているし戦術も浸透しているので、周りも含めて多少悪いときが来てもばたばたしないことかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/25/2006

プレビュー~水戸ナチオVS石崎プレッシング

急遽笠松に水戸-柏戦を観にいくことにした。J2ウォッチャーとしては、J2全チームを1年に1回は生で観ることを自分のテーマとして課しているのだが、こいつが意外と難しい。

仙台に住んでいたときは、ベガルタがJ1に昇格したこともあって、山形に出かけるしかなく、かつ土曜出勤が多かったため正直難しかった。

東京に戻ってきてから、1年目(2004年シーズン)はかなり達成できたが、それでも福岡が結局生で見れず。去年も今度は川崎、大宮の関東2チームが抜けたのが痛く、またまた全チーム観戦は逃してしまった。

そういう意味では今年は柏、東京Vの2チームが降格してきたのでチャンス拡大。ここまで、水戸、山形、東京V、愛媛、横浜C、鳥栖はすでに観戦済み。柏は4月の東京V戦で、と思っていたのだが、水戸ががんばって今日の対戦が上位対決となったので急遽行くことにした。チケット(S席)も買った。明日は会社に行かなくても良くなったし。

正直水戸がここまで勝ち点3をとるとは思わなかった。伝統の守備から入る戦術の健在は開幕戦で確認済。今年は両SBにCB本職の選手を配置し、「4CB」とも言うべき守備の堅さを維持しつつ、攻める姿勢を強めることにより、選手が大きく入れ替わる中結果を出している。

かたや、柏は石崎プレッシングサッカーを理解している山根が効いており、かつディエゴの活躍もあって安定した戦いをここまでしてきた。

水戸の堅い守りが、柏のプレッシングサッカーとどうぶつかるのかが興味があるが、最大のポイントは。「あれだけポゼッションをとりながら、点が意外に取れない柏の攻撃力はほんとに大丈夫か?」の検証だと思う。仙台戦、後半数的優位に立ちながら1点に終わったことは実は不安要素なのではないか、とかんぐっている。まだまだ連携が未成熟な鳥栖相手にも前半の2点だけだったし。水戸相手に得点を重ねれば少なくとも第1クールの優位は大丈夫といえると思うが、その点(攻撃力とバリエーション)を見極めたい。

いつもは笠松は車で出かけるのだが、今回は柏から大挙して来場しそうな予感がしている(山形戦も駐車場から出るのに1時間近くかかった)ので、初めて電車で出かけてみようと思っている。メイン右側(アウェイ側)で地蔵観戦の予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/22/2006

第201回toto 結果

4勝9敗で撃沈。浦和はやっぱり強かった。(C大阪はまだだめだった)横浜Mも強かった。結果は順当だったと思うが、愛媛の勝ちが予想が難しかったのか、1等は2口のみ。7000万以上次回にまた繰越ですよ。

今日はTVで湘南-仙台戦をみた。セットプレイ一発で仙台は沈んだ。引き分けにはできる試合だったが、ボルジェスに対するフォローが仙台は上手くいっていない。確かにボルジェスに渡すとボールは収まる。でも、相手もそれはわかっているし、フォローが遅いからあっというまに2~3人がかりでつぶされてしまう。これがチアゴがいれば違うのかなぁ。仙台のフォーメーションは4-3-2-1.3トップじゃない。2の部分と両SBの働きは死命線のはず。ここがいまいちなので、攻撃が単発に終わってしまう、と見た。2のうちの一方はパサーでないと厳しいかもな。で、4-3-2-1といえば、アテネのなでしこジャパンなわけで、そういう意味では上田監督は良く急所がわかっていたのではないか。

その他、J2は降格組が連勝。柏の皆さん、山根、岡山、石さん以外は「J2はちょろい」と思ってませんか、これからですよ。第2クールに入ると下位チームは勝ちを捨ててでも、キーマンつぶしにきます。ガチガチに守ってきます。小野だろうが、松井だろうが、チェヨンス兄さんだろうが、過去の実例に従えば、ガチガチに潰しにきます。そのときからが本当の勝負。降格チームがぶっちぎりで優勝した例はない、のですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/20/2006

第201回toto 予想

さぁて、開幕から3回連続キャリーオーバーと荒れ気味のtoto。今回の投票は

  1. 鹿島-甲府  1
  2. 新潟-磐田  02
  3. 大分-横浜M 10
  4. 川崎-F東京 1
  5. 京都-広島  1
  6. 福岡-名古屋 1
  7. 浦和ーC大阪 02
  8. 清水ー千葉  1
  9. 草津ー徳島  1
  10. 横浜C-山形 10
  11. 湘南-仙台  2
  12. 神戸-水戸 10
  13. 愛媛-札幌 2

そろそろ、浦和がやらかしてくれそうな予感。トゥーリオ退場とか、ポンテイエロー2枚とか。あとは、大分は横浜にはいいゲームしてる印象があるのだが。

明日はスタジアムに出かけず、家でWBCと湘南-仙台戦の観戦の予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/19/2006

200回toto結果

5勝8敗で完敗。ダブル外しまくりではどうしようもない。

しかし引き分け3つでも、キャリーオーバーか。3回連続キャリーオーバーとは、意外。今回は甲府と大分、に尽きる。川崎もまだまだというところかな。バレーのシュートが良すぎた。というか、バレーといえば「早い、シュートは打てる、でも入らない」という印象が大宮時代に強くて、去年の終盤からの神ががり的活躍がまだ正直信じられないのだが。

まぁこれで混戦必至、見るほうとしては面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/18/2006

J2クオリティ~J2第3節 東京V-愛媛

本日は午前中に仕事も終わったので、駒沢に行った。駒沢陸上競技場は初めて行ったが、さすがに設備は古いためいす等に難はあるが、結構見易いスタジアムだった。

20060318_komazawa

東京V1-0愛媛

前半は愛媛ペース。愛媛の積極的な守備に東京Vは攻撃が組み立てられず、逆にカウンターやサイド攻撃から愛媛がチャンスを作る。ただし、愛媛もラストパスに精度を欠き0-0で折り返し。後半、東京Vは立て続けに選手交替し挽回を図るが、一進一退。それでも、斉藤の折り返しを永井が決める、という交替選手の活躍で東京V先制。終了間際、愛媛も攻め込むが、東京Vが1点を守りきって辛勝した。

東京Vの感想

・なんか、グダグダな内容。勝ったことだけが収穫だな。

中盤の守備でも愛媛に競り負けてる場合が多かった。

・喜名が目立ってたが、逆に言えばそれは攻撃が機能しなかったということ。

・J2クオリティに慣れすぎるのが早すぎねぇか。

・統一応援始めて見た。まだ不慣れな面も見られたが、これからがんばってほしい。

愛媛の感想

・しっかり守ってカウンター、の形は出来ていた。

・でも、攻撃のバリエーション不足は否めない。今日も最後の部分の精度があれば勝ち点を拾えたかもしれない。

・でもその攻撃の部分が一番難しいんだよな。

・この、守備があればJ2上位は今後も苦しみそう。

というわけで典型的J2クオリティな試合。守り重視のチームに元J1チームがテクニックで挑む試合はえてしてこういう展開になる。水戸ナチオな試合とでも言いますか。

愛媛はこういう闘い方をすれば確かに勝ち点1は拾えていけるだろう。ただ、今年1年かけて何とか攻撃の上積みをしていってもらいたいな。

逆に東京V! こんな内容だと今後も水戸や横浜FCに苦しむし、山形みたいな守備の堅いチームには勝ちきれません。チーム連携の部分で上積みがあると思うので注目したい。

って水戸連勝して、昇格圏内じゃない!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第200回toto 投票

さて、記念すべき第200回のtoto、2回連続キャリーオーバーとやや荒れ気味だが、今回の投票。

  1. F東京-清水   1
  2. 磐田-京都    1
  3. 広島-浦和    2
  4. 名古屋-鹿島   2
  5. 千葉-福岡    10
  6. 大宮-新潟    10
  7. 甲府-川崎    2
  8. 横浜M-C大阪  1
  9. G大阪-大分   10
  10. 鳥栖-神戸    2
  11. 仙台-柏     10
  12. 山形-札幌    10
  13. 東京V-愛媛   1

以上32口をマルチで購入。悩んだのは、鳥栖-神戸。神戸の調子が全くわからん。引き分け大有りと思ったんだが、さすがに64口投票は控える。

明日は、仕事になってしまったが、午前中で終わりそうなので、時間があれば駒沢(東京V-愛媛)を観にいくつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/12/2006

toto3等ゲット(ウソ)

今回のtotoは、totoがダブル5つのマルチ32口で11勝2敗。去年までなら3等あたりとなっているところだけど、今年からは2つはずれではあたりにならない。もう土曜日の時点で2つはずれ(清水の勝ちと市原-甲府の引き分け)だったので、日曜日の試合を見る楽しみは半減でしたがね。

一方、minitotoはA,B組ともダブル3つの8口を購入し、A組的中。今年の初あたり。こうしてみるとminitotoは意義があるのか。

J2全的中の勝因は、水戸の札幌への善戦(0,2マークのダブル)を読みきったこと。しかし、フッキ退場は予想外だった。フッキ対ヤンツーは今節の最大の見所でしたな。

しかし、前節は神戸! 何とかしろよ、だったが、今節は市原ぁ~! だな。オシムのコメントは相変わらず最高。去年の天皇杯といい、甲府は市原に相性いいのかねぇ。というわけで2週連続のキャリーオーバー、とは予想外だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

応援拒否~J2第2節横浜FC-鳥栖

今節は三ツ沢に出かける。暖かくていい天気。でも、三ツ沢はちょっと寂しい4000人前後の動員

20060311_mitsuzawa1

横浜FCサポは、監督解任に象徴されるフロントの不手際に講義して応援拒否。鳥栖サポも増えたね~。「横浜応援拒否だからここはホームだ!」と気合十分でした。

20060311_mitsuzawa2

横浜FC0-0鳥栖

序盤から鳥栖が攻勢に出るもののフィニッシュに精度を欠いて得点できず。横浜FCもサイドから攻撃するがクロスをあげる前にことごとく鳥栖DFに止められる。前半半ばからは膠着状態で折り返し。後半鳥栖が攻勢を更に強めるが、今日は横浜GK菅野が大当たりで好セーブを連発。横浜も内田、富永を投入し、パワープレイに出るものの得点を挙げられず、スコアレスドローに終わる。

横浜FCの感想

・吉野は良かった。確かに良かった。

・でも、山口がアンカーとしての役割が多いだけに、内田なら..とも思う。

・アウグストがとにかくビミョウだな。位置取りもはっきりしないし、攻撃にも絡めてないし。

・そのせいか、城やカズが中盤に下がる場面が多くて、その分攻撃に割く人員が少ないのが決定力に響いているな。

・逆に山口、トゥイード、ヨンデの中央守備はなかなか。

・とにかく、菅野が神になってたな。

鳥栖の感想

・尹はさすが。山口とのアンカー対決にはワキワキ。

・金もいいね。

・山口は機能してなかったね。

・アウグストの位置取りが変な分、山城が目立ってた。

・前半の高橋のミドルが決まっていれば、展開は変わっていたのに。

・FWに去年のキレがあればいいけど、まだまだだな。

・シュナ潤じゃなくても、「まもーれ○○」ってコールするんだね。

お互いに中盤に機能していない選手が居ないため、何となく待ったりした試合。これで、3000円は高いな、やっぱり。イクオさんは「点が取れれば、上位に行ける」といっているけど、鈴木も新居も当然研究されているわけで、去年並みの活躍が出来るかな。横浜FCも戦う姿勢は見えているし、思ったほど悪くない。サポも試合後選手には拍手してたし。

20060311_ikuo

試合後バックスタンドにも挨拶するイクオさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/07/2006

監督解任第1号

横浜FC足達監督が、1試合終わった時点で解任された
去年の神戸の松永さんも早かったが、それでも6試合。それも監督選びで迷走した末という事情があったわけで、昨年から続投している監督をこの時期に解任するのは異常、というほかはない。
l後任は監督未経験、というよりも今年はじめてコーチになった高木コーチが務めるというわけだが、これまた不思議な人事。去年からの指揮を含めた総合的な判断、というがそれなら昨年で解任すべき。ようは三浦中心のチームを作りたいだけなのでは? とかんぐりたくなる。
チケットの値上げといい、正直横浜FCのフロントはこのところ迷走気味。結果がついてくれば、雑音は封じ込められるが...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/06/2006

カーリングを応援したければtotoを買おう

というわけで、今年から大幅にリニューアルしたtoto。minitotoも購入してみましたが、通常のtotoが3勝10敗、ミニも2勝3敗の大惨敗。
とにかく、神戸だよ! 神戸。スポーツニュースでも一切画像がないのでどういう負け方したのかわからんが、どうなのよ、いったい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガナハ、いよいよ確変か?~J1第1節川崎-新潟

いよいよJ1も開幕、等々力も今日がオープニングゲーム。
2006_0305_todoroki1


等々力はいい天気、観客数も17000人以上と大入りに近い人。もちろんそれには新潟から大挙押しかけたありがたい新潟サポーターの貢献も大
2006_0305_todoroki2


ゴール裏を埋め尽くすオレンジな人々。
2006_0305_todoroki3


川崎6-0新潟
序盤は新潟にチャンスが訪れるが、前半のうちにマルコンのクロスに我那覇が頭であわせ2点先制。後半も新潟は何度かチャンスを作るが決めきれず、森のクロスに我那覇が合わせハットトリック達成。これで新潟の守備陣は集中力が切れたのか、3点を追加され、6-0と川崎が圧勝した。
川崎の感想
・いよいよガナハ、確変? じょじょにじょじょに力をつけてきたガナハがそろそろJ1レベルに達しつつあるのか?でももうちょっと様子を見ないとね。
・マルコンはなかなか。アウグストほどの突破力はないが上手い。裏を何度か取られる場面もあったが、安定感のあるプレー。チームにもっとフィットすれば、もっとパフォーマンスは上がりそうな予感。
・川崎のチームとしての成熟度が点差になったかな。
・森がアトムとマッチアップすると、子供をいじめているようにしか見えねーぞ。

新潟の感想
・大敗はしたがチームとしての完成度がまだまだなので、悲観することはないのではないか。
・シルビーニョからの展開は去年の新潟にはなかったものだし、何度かいい場面は作れていたと思う。これがもっとチームにフィットすれば。(でも守備が軽いのも相変わらずだよね。中央で使ったほうが生きると思うので、守備に強いボランチと組ませればもっと生きるよ)
・慎吾がめだたないアルビはアルビはじゃねぇな。
・エジミウソンもまだまだ、ファビーニョもいなかったしな。
・淳さん、交代が遅いのは山形時代と変わらないねぇ。
・中原はがんばっていたけど、効果的とはいいがたかったな。
・試合後新潟サポからは盛大なブーイング。最後の3点は明らかに余計だったので、仕方ない。
・でも去年の開幕も大敗だったよね。(調べたら瓦斯に4-0でした)

点差はついたけど、新潟はチームの熟成がまだまだ。修正を図れば巻き返せる。
一方、川崎は普通に強い。一番の懸念のアウグストの穴もマルコンが十分埋めそう。期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/05/2006

攻める水戸~J2第1節水戸-山形(笠松)

いよいよ2006年J2リーグが開幕、笠松まで水戸-山形を生観戦に出かける。観客数は6000人以上と水戸のホームゲームとしてはかなり多かった。山形のサポーターが相当来場していたのでそのおかげもあったのだろうが、格安のゴール裏席も結構な人手。
2006_0304_yamagata


山形のサポーターの皆さん

2006_0304_mito


こちらは水戸のサポーターの皆さん。
試合は山形がオウンゴールで先制も、水戸が前半のうちに追いつき、後半山形が攻めるも水戸がしのぎきり結局1-1のドロー。
2006_0304_game


水戸の感想
・水戸が攻めてる!
・得点シーン、クロスに対し水戸の選手が3人もゴール前に!
・でも、ポストまで動員した水戸系サイトで言うところの「水戸ナチオ」は健在
・時崎兄貴に萌え
・権東が良い働き。これですんたの穴は十分埋まる。
・武田のキックには萎え萎え

山形の感想
・そうか、財前を使うと、勇人は使えなくなるのか。。。
・財前と高橋が頻繁にポジションチェンジをしながらの攻めはなかなか魅力
・相変わらず守備の堅さは健在
・でも、決定力のなさも健在
・っていうか、氏原クン、あんた荒っぽすぎるよ。。。
・臼井と内山が目立たなかったので、サイド攻撃がいまいちだったな。

両チームとも、新外国人のチームへのフィットがいまいちで、どれだけ早くフィットさせるかが重点課題。

とにかく笠松は寒かったです。今日はJ1開幕戦、等々力に行く予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/02/2006

今年のJ2順位予想

いよいよJ2開幕が迫ってきた。どうせ当たらないけど、順位予想はやっぱりやりたい! というわけで予想します。
1 仙台
2 神戸
3 札幌
4 東京V
5 水戸
6 山形
7 柏
8 湘南
9 鳥栖
10 草津
11 横浜FC
12 徳島
13 愛媛

仙台は正直ボルジェス次第かな、と思うが、どうも当たりっぽい。チームの根幹も崩れてはいないのも強みだろう。東京Vは指導陣に問題ありとみるし、選手は多いがこいつは反則だろーという選手があまり見当たらないので、ちと中途半端かな。柏はチームを位置から作り直しなので、石崎さんも速攻でチームは作れる人ではないので申し訳ないけどこの順位。愛媛は苦しいね。
でも、J2はとにかく長丁場。途中の補強もあるし、正直混戦は必死。では週末を楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/01/2006

アクアリウム関係、日記移転しました

アクセス解析を見るとアクアリウム関連の検索が多いようなので、アクアリウム日記を別のブログに移転しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »