« March 2006 | Main | May 2006 »

04/29/2006

満員の西が丘

今節は東京V-札幌を観にいくつもりだったが、なんとチケット売り切れ。昨日近所のファミマのファミポートが修理中だったのがなぁ。まぁでもフッキも出場停止だしな。笠松に観にいくことにしよう。

というわけで、今節は当初見送りのつもりだった、川崎-清水を観戦に。好調川崎の調子はいかに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/26/2006

第210回toto結果

遅くなったが、結果報告。toto32口で8勝5敗。横浜、浦和の結果はもちろんはずれ。残りは、愛媛、札幌、千葉の結果。福岡の勝ちはきっちり読み切ったのだが。新潟の初勝利プレゼンターぶりには感動。

しかし、I主審降臨とはいえ、清水の勝ちはなかなか。得点の場面、トゥーリオはなぜ真ん中に居ない?? という感じもするが。後半からの内舘投入は、「どうせこうなったらトゥーリオは勝手に上がっていくからその前に手当てをしておけ」というエンゲルスの深謀遠慮の賜物のような気がするが、如何。とにもかくにもシトンを抑えた清水には脱帽ですわ。

次回211回は投票見送り。212回でキャリーオーバー勝負だぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/23/2006

決定力~J2第11節水戸-徳島

今節は徳島を見に、笠松へ。今ひとつ調子が上がらず、勝ちきれない徳島はどのような状態なのかを注目。観客数は1000人台と天気が良いのに寂しい笠松。

Kasamatsu_060422_1

水戸2-1笠松

試合序盤から待ったりした展開。徳島は羽地の1トップ。対する水戸はアンデルソン、西野の2トップだが、西野が少し引き気味のため1トップ気味とほぼ同じシステムでガチンコの展開。徳島は左サイドのジョルジーニョの突破に水戸右サイド(秋田、倉本)が対応できず度々チャンスを作る。基本的には羽地にあてて伊藤ら2列目から展開する攻撃だが、今日は秋葉がイマイチ。対する水戸は中盤を省略しアンデルソンに当てる攻撃が有効。アンデルソンのドリブル、突破に徳島のCB(辻本、井手口)が上手く対応できなかった。そのような中で前半立てパスを受けたアンデルソンが個人技でかわし19分に先制。しかし、徳島もジョルジーニョの左サイドからの突破を起点に最後は羽地が頭であわせ同点に追いつく。しかし、後半開始からは水戸ペース。秦が左サイドを突破し、ゴール前で右サイドフリーの秋田に渡るも、シュートを外してしまうが、50分にCKから西野が競ってこぼれたところを吉本がヘッドで合わせ勝ち越し。その後、徳島は攻撃的な選手を投入し香誠意を強めるも水戸が耐え、久々の勝利となった。

徳島の感想

  • う~ん、全体的に決定的なダメな点はないような気がする。それだけに個々人の能力などすぐには修正できない点に問題があるようだ。
  • 相変わらず伊藤彰はいい。2列目から積極的に攻撃に絡んでいた。
  • 逆に今日は秋葉に切れが無かった。
  • ジョルジーニョは良かった。惜しむらくは強引なシュートやクロスの精度か。
  • 尾上っていいね。
  • あと、やけに大和田に対してブーイングが激しいんだが、何かあったけ?? 知ってる人教えて。

水戸の感想

  • アンデルソン、いいね。更にチームにフィットした感じ。
  • 今日は引きこもりでは無かった。でも中盤の構成力では、徳島のほうが良かった。
  • しかし、決定力、というかプロとして外すかあれを、という場面が多すぎ。後半開始直後の秋田のフリーの場面と、終了間際のセットプレーからのカウンターで3対1(!!!)になった場面、どっちか決めてればもっと楽に勝てるわな。

徳島はオーソドックスなサッカーだが、逆に去年からの上積みが不足、と言うことだろう。ジョルジーニョの使い方、チームへのフィット度が上がれば、あるいはというところか。伊藤や秋葉に頼りきりでは今年は苦しいシーズンになるかも。あとは片岡の復帰が待たれるところか。

水戸は決定力、だよな。ホント今日は頭抱える場面続出。もともと攻撃的なチームではないが、だからこそ、だ。

さて来週は、札幌を見に西が丘に行くつもり。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/18/2006

第208回toto結果

32口購入で9勝4敗。比較的順当な結果で結果も低配当。磐田が勝つとは。広島初勝利が遠い。福岡もな。

しかし、9-4でもminitoto外すとは。早くも今日は209回minitotoの日。ほんとにJ2は過酷なリーグだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/17/2006

進化するスタイル~J1第8節 川崎-大宮

本日は等々力で川崎-大宮戦を観戦。雨が心配だったが、試合中は晴れ間も除き天気は持った。しかし、4月にしてはちょっと肌寒い気温でだった。

20060416_todoroki

川崎3-1大宮

試合開始直後は互角の展開。川崎は、我那覇、ジュニーニョ、マルクスを中心に中盤から谷口が度々押し上げゲームを組み立てる。一方、大宮は吉原、桜井のスピードのある2トップの突破を中心に組み立てる。しかし、前半の半ばからサイドをマルコン、森の川崎の両ウイングが支配し始め、川崎ペースに。左サイドマルコンのクロスをフリーの森がヘッドで合わせるもクロスバーに嫌われる惜しい場面もあったが、前半は0-0で折り返し。後半も川崎ペースで進み、マルクスのFKを箕輪が頭であわせ先制。その後、左サイドのマルコンが突破しクロスをジュニーニョがあわせ追加点。さらに右サイドに流れたジュニーニョが弾道の低い速いクロスを入れトニーニョがクリアし損ねたところに原田がつめ3点目、と突き放した。大宮はトニーニョの長いクロスをDFの間に入り込んだ藤本がヘッドであわせ1点を返し、終盤にはトニーニョを前線に上げパワープレーで反撃を図ったが、そのまま試合終了となり、川崎の快勝で終わった。

大宮の感想

  • 去年より個々人の能力は高いのに、去年ほどの怖さを感じない。やはりまだチームとしての完成度が低いなぁ、というのが正直な感想。
  • 特にサイドバックとサイドハーフの連携が時間かかりそう。今日は小林大悟が右サイドだったと思うが、中央に入ってきてしまうため、森がかなり自由にやれていた。
  • 2トップも同タイプを並べていたが、連携がいまいち。森田スタメンだったらどうだったかな。
  • グラウ待ち、かもな。

川崎の感想

  • 両サイドが怪我から復帰すると、やっぱり強い。
  • マルコンはやっぱりいいな。アウグストと違って、基本は少し引き気味で守備をしっかり、という感じだが、タイミングよくオーバーラップをかけるし、クロスも正確。
  • さらに、今年は谷口、中村が交互に前線に顔を出すので、更に分厚い。
  • 3バックは安定感がある。セットプレイ得意の大宮相手に怖い場面をあまり感じなかった。
  • あと、結構遠い距離の後ろからFKにヘッドで合わせて点を取る、というのが川崎が多い。あんまり他のチームでは見ないパターンだよな。

現時点でのチームの完成度がそのまま結果にでた、というのが感想。川崎は大崩れし無そうだ。しばらくは上位に絡んでいけそうな感じがしたので、これからが楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/16/2006

今週のJ

かぁ~、また大分の結果外した。ほんと大分に関しては読みが外れている。

というわけで、昨日のJ2。まずは、山形今季初勝利、オメ。しかし、徳島シュート1本って何じゃろ。柏が連敗。やっぱりここに来て、得点力不足が懸念。未だ首位だが、まだ休み前なので実質東京Vにひっくり返された状態。その、東京Vとにかくしぶとい。守備の不安は相変わらずのようなので、次節仙台戦をしのげるかが見所だ。で、その仙台。TV観戦したが、内容は悪くないし、まだ上積みの余裕はある。ボルジェスも開幕当初の足元に収めてキープ→潰される、の繰り返し状態からは大分速めにはたくようになって来ている。でも、チームとしてはまだまだなんよなぁ。第1クールはこんな感じかもな。

では、今日は等々力にこれから向かいます。去年と選手を大幅に入れ替えた大宮が去年までの完成されたシステムを一度壊してどこまで再構築しているのかを確認するつもりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/13/2006

第207回toto結果

水曜日ナビスコカップ対象のminitoto。4勝1敗の残念賞。京都がなぁ、パウリーニョ一発退場ってなにやったのさ。ここを京都の勝ちか引き分けで外した。ほんとに今年は大分がらみの試合の読み外しが多い。

しかし、開幕以降の怪我人が増えてきたのが試合結果の予想に影響している。マルケスにマグロン、いなくても勝つ横浜FMはさすが。鈴木悟の怪我はやっぱり痛いか、京都。マルコン、森の両サイドが居なくなって不安定になった川崎。など等あるが、やっぱり一番痛そうなのはこちら。時崎抜きで水戸ナチオは発動するのか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/09/2006

第206回toto結果

32口購入も6勝7敗。今回はJ2を外しすぎ。ダブルで外したのが3つもあっちゃなぁ。

どうも、甲府、大分の結果が読みづらい。強豪に勝ってみたり、調子の落ちているチームや主力が怪我をしているチームに簡単に負けてみたり。これは逆張りが正解か。

浦和ももう少しで大波乱。福岡の守備が堅いのはわかっているが、ポンテ、ワシントンで崩せないのか。(全体未見なので詳細はわからないが)これで千代反田を評価してくれるとうれしいが。

次回はもう少し当てたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のJリーグ

今週、来週と生観戦はお休みの予定。横浜C-柏は少し食指が動いたが、前売りでも3,000円じゃな。

というわけでまずはJ2。湘南-山形はJスポーツで中継を見たが、山形勝てないなぁ。解説の越後氏も「山形は悪くない」と言っていた通り、内容は悪くない。度重なる出場停止と決定力の無さが問題なんだろうけど試合内容は悪くない、逆に内容が悪くないのが、思い切った選手の入れ替えや戦術の変更を遅らせているのかもしれない。今節は目覚めるかと思っていたが、本橋のスーパーシュートで追いつくのがやっと。逆にいつ山形が初勝利するのかが、対戦チームにはプレッシャーになりそう。

逆に柏はついに初黒星。ここまで1-0でしのいできた試合も多いので、2点取られたら苦しい。決定力が課題と思っているが、これが改善されるかどうか。一見柏は走っているように見えるが、実はまだ休みが無いので、意外に勝ち点差はないと思わないいけない。逆に内容が悪いのに東京Vは勝ち点を着実に積み上げている印象。仙台、札幌も改善しているので、とりあえずは、柏、東京V、仙台に横浜C、札幌が絡む展開で前半は行きそうだ。

続いてJ1は、広島-川崎をこれもJスポーツで見る。サイドに故障者が続出している川崎不利、広島の服部、駒野が押し込む展開を予想していたら、らくらく川崎に中央突破を許してしまう広島。戸田だよ、戸田。彼のチームへのフィット具合がまだまだ、という印象。川崎は本気で強いのかも。あと磐田も困ったものだ。タレントは明らかに揃っているのだから、人間力を代えないとだめかもな。

というわけで、すでに今回totoは撃沈してしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/06/2006

第205回toto結果

今日はminitotoだけだが、16口購入。的中させるが波乱がなかったため、1023円の低配当。赤字になってしまった。

柏か東京Vが引き分ければなぁ、という感じだが両チームともしぶとい。特に柏は内容の良いサッカーを続けている愛媛に苦しみながらも勝利。しぶとい。東京Vはちょっとイエローが多いのが心配だな。

一方、開幕前に高評価だった仙台、札幌はともに3-0で快勝。仙台はまだまだ内容は伴っていないようだが、それでも勝っているのは近年にないいい傾向ではないか。これで、外人がチームになじんできたらちょっと怖そう。注目。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/03/2006

第203回&第204回toto結果

またまた、惨敗。

203回のminitotoは、甲府の勝ちを読みきれず4勝1敗。

204回のtotoは6勝7敗。横浜M、浦和両方とも引き分けとは。J2も柏の勝ち以外は外れ。J2ウオッチャーとしては情けない。

しかし、いつのまにか横浜FCが2位ですよ。しかもここまで失点が2.柏よりも少ない。開幕1試合での監督解任は何だったの?? でもまだ柏、東京V、神戸、仙台といった攻撃力の高いチームとは当たってないから、もう少し様子見だろう。また、愛媛も大健闘。生で見たときも守備はアグレッシブで十分通用すると見たが、ほんとに最後までよく粘り、最少得点で勝利を手に入れている。これで石丸がいないんだからな。

一方、山形が未だ未勝利。結果が出ないと内容も悪くなってきてしまうので、ほんとに結果がほしいところ。なんとか頑張ってくれ。

あとは名古屋だな。甲府に負けたかとおもえば、アウェイの浦和戦で引き分けって何じゃあそりゃ。こんなの当たらんぜ。

というわけでtotoはまたまたキャリーオーバー。今年はほんとに多いねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「らしさ」の問題~J1第6節 川崎-千葉

今週はJ2ではなく、J1川崎-千葉を観戦。当初は東京V-柏を観戦、と思っていたが、柏は先週生観戦したのでパス。急遽出勤になってしまったので正解だった。

20060402_todoroki

川崎2-2千葉

開始早々川崎がカウンターからジュニーニョが速さを生かし先制。その後はこう着状態が続くが、カウンターから山岸が右サイドを突破、中央に送ったところを巻が合わせ、前半は1-1で折り返し。後半は、川崎がセットプレイの混戦から最後はジュニーニョが押し込み勝ち越し。残り引き気味で守りきろうとしたが終了間際、ゴール前に飛び込んだ阿部に押し込まれ、結局ドローで終わった。

千葉の感想

  • やっぱりストヤノフはうめーや。攻撃参加の効果も抜群。特に前半の千葉のチャンスはストヤノフが絡んだものが多かった。コーナーでもペナルティエリア外にいて、何度もいいクロスを放り込む。(いやまぁ、川崎の前3人が前線に残ったままだったのが、よくないんですが)
  • 一方、中盤の動きが今ひとつだったような気がする。特前半は、阿部、佐藤、坂本が目立たず、いまひとつかみ合わなかった要因だろう。
  • しかし、チャンスとなるとあっという間に前線に人をかけてくるのは相変わらずで、観ていて楽しい。
  • 要田って面白いし、なんか得点に絡みそうな雰囲気があるよなぁ。

川崎の感想

  • あれだけサイド攻撃の少ない川崎は初めて見たような気がする。森も長橋も効いていなかった。
  • さらに交替した井川も米山も効いていなかった。
  • 特に米山は消えすぎだ。本人も不本意だろうが。
  • でもそれだけ、今の川崎の3バックの熟成度は高いし、そこに米山が絡むのは厳しいな。

 互いに「らしさ」の発揮がいまいちだったと思う。千葉の持ち味は中盤の早いプレスからの一気の押し上げだが、特に前半は中盤の真ん中(阿部、佐藤、坂本)が動きが重かった。一方、川崎の方は、サイドの切り崩しから、前3人(我那覇、ジュニーニョ、マルクス)が絡む攻撃が持ち味だと思うが、サイドの森、長橋がいまいち。前3人はがんばっていたが、ストヤノフを中心とした千葉の3バックはそうやすやすとは自由にさせてくれない。互いにナビスコカップを含めた連戦が続く中では、出来があまる良くなかったということだろう。

 でも、千葉もサポーター増えたよね。さらに雨の中でも観客数は1万人超え。これも凄いと思う。あとは両チームともこれからもっとパフォーマンスをあげていけば、上位争いに加わっていけるはず。とりあえず浦和を止めてくれぇぇぇぇぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »