« 第125回toto予想 | Main | 第125回toto結果&第126回toto予想 »

05/14/2006

怪我の功名~J2第15節横浜FC-仙台

仙台はなかなか関東近辺では見る機会がなくて、今日が今年初観戦。昨日までの雨は上がり、曇り空の下での試合。仙台サポーターはゴール裏を埋め尽くしたが、それでも観客数は5000人台。J22位3位の天王山でこれでいいのか、チケット値上げの影響は例え横浜FCが好成績でも響いてるんじゃないか。

試合前のロペスダンスには横浜FCゴール裏からもアンコールが届いてましたよ。

060514_mitsuzawa

横浜FC0-0仙台

前半は横浜FCがアウグストや両SBの押上げでサイドから押し込み優位を奪う。仙台はボールが前線になかなか収まらず、攻撃の形ができない。特にロペスやチアゴが中盤に引いてボールを受けようとすると、山口を中心に2人がかりの激しいプレッシャーをかけチャンスをつぶしていく展開。仙台は菅井がアウグストの上がったあとのスペースを使い何度か惜しいチャンスを作るが、内田を左サイドに回すことにより横浜FCは対応を図り0-0で前半終了。

後半に入ると、仙台が攻勢をかけ始め、惜しいチャンスを立て続けに作る。特にロペスの突破が効果的。しかし、後半序盤に千葉が一発レッドで退場。横浜FCが数的優位を生かすかと思われたが、ここから仙台はブラジル人3人も守備で貢献をし始め、むしろチームとして機能し始める。横浜FCは何度も仙台ゴールに向け攻めあがるが、白井、木谷、高桑が最後のギリギリところでことごとくつぶしていく。終了間際には横浜・アウグストも2枚目のイエローで退場、ここから仙台はロペス、チアゴ、梁3人中心で突破を繰り返し惜しいチャンスを作るが結局スコアレスドローに終わる。

0-0の結果自体は妥当。主審が判断基準の曖昧なカードを連発したため、両サポには不満の残る結果だろうが、内容自体は双方ともに悪くなかったと見る。

ただし、仙台は村上、チアゴ、ボルジェスの出来が良くなかった。ボルジェスはボールを(横浜FCCBのプレッシャーがあったとはいえ)収めるころができなかったし、チアゴはパスミスが多い。村上も高い位置に張っていながら攻撃面では消化不良。あと、チームとして攻めのスピードが遅いケースが多いのは気になるところ。このへんはむしろ伸び代と捉え、まだチームのレベルアップの余地がある、と見るべきか。菅井はワキワキしたな。ロペスもね。後システムはどう見ても3-5-2に見えるよな。千葉はほとんど最終ラインに吸収されっぱなし、ただ位置取りが前目でスイーパーじゃないのが特殊だよね。

あとは横浜FC。正直序盤見たときここまで勝ち点を積み上げるとは思わなかった。点が取れないのは相変わらずだが、ここまで14試合で失点3は驚異というほかはない。仙台だって14試合で7失点は非常に立派だが、かすんでしまうな。別にべた引きしてるわけではないので、山口の位置取り+バランスのよさ、が持ち味。アウグストも速いし、チームとして彼の生かし方がわかってきた感じがする。ただ、伸び代はあまりないかも。若手の確変期待か。夏場になって、山口、カズ、城あたりが持つかな。2人かけると厳しいかも。

というわけで、両チームともしばらくは大崩はしなさそう。次節千葉、アウグストというチームの中心選手を欠く試合となるがここをどうしのいでいくか。っていってたら、水戸、勝ってるじゃん。鳥栖、2点差追いついてるし。いやぁ、これはしばらくJ2上位は混戦模様かな。

ワールドカップなんて見ている場合ではありません!!!

|

« 第125回toto予想 | Main | 第125回toto結果&第126回toto予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/10071568

Listed below are links to weblogs that reference 怪我の功名~J2第15節横浜FC-仙台:

« 第125回toto予想 | Main | 第125回toto結果&第126回toto予想 »