« 走れない、走らない~J2第17節東京V-山形 | Main | 第219回toto結果 »

05/28/2006

おとなしいラモス~J2第18節東京V-湘南

今節は西が丘に行ってきた。自宅から一番近いスタジアム。観客数は3000人未満と雨が降っていたとはいえ、少ない。ここを満員にできないとは、東京Vも苦しいなぁ。

060527_nisigaoka

東京V2-0湘南

東京Vはまたまたスタメンを変えてきた。バジーリオをベンチからもはずし、松浦をスタメンに。ボランチには金澤を先発起用。一方の湘南はほぼ予想通りのスタメン。前半最初は湘南が佐藤、加藤望がポジションチェンジを繰り返しながらサイドをえぐり、チャンスを作る。佐藤は度々枠内にミドルシュートを放つが、高木が好セーブを連発。また、東京Vはアジエル、横山をしっかり抑え、中央では決定機を作らせなかった。東京Vが耐える展開の中で、ゴール前のこぼれだまをフリーの大野が抑えたシュートを決め、東京Vが先制。

後半に入っても、湘南はサイドはえぐれるが2トップにボールが収まらず、逆に東京VがカウンターからPKをゲット。これを平本が決め2-0。その後も湘南は外池を前線に上げボールの収まりどころを作ろうとするが、最後の決定機を決めきれず2-0で東京Vが連敗を止めた。

いつも全開バリバリのラモス監督がこの日は前半30分過ぎまでベンチにじっと座っていたのが印象的。勝因は高木の好セーブと2トップの動きを抑えきった戸川、萩原のCB、金澤の働きか。ただ、両サイドのマークが甘いのは相変わらず。佐藤、加藤+両SBにえぐられるシーンが多かった。しかし、齊藤はヴェルディっぽくない選手だよね、テクニックよりフィジカルと気持ちを前面に押し出して。

湘南は悪くはないが、FWだろうな。この日は横山、アジエルがいまひとつ。相変わらず佐藤悠介や加藤望は怖い。チャンスは作れるが最後の詰めがなぁ。

東京Vは結果は出したが、内容は上向きとはいえない。今後も苦しい戦いが続くかもな。

|

« 走れない、走らない~J2第17節東京V-山形 | Main | 第219回toto結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/10274791

Listed below are links to weblogs that reference おとなしいラモス~J2第18節東京V-湘南:

« 走れない、走らない~J2第17節東京V-山形 | Main | 第219回toto結果 »