« 第125回toto結果&第126回toto予想 | Main | おとなしいラモス~J2第18節東京V-湘南 »

05/21/2006

走れない、走らない~J2第17節東京V-山形

まだJ2で生で見ていないチームが3チームある(神戸、湘南、草津)が、第17節は味スタに。J2陥落後、めっきり味スタ開催が減ってしまった東京Vだが、J1がW杯休みに入ったこともあり、今節は味スタ開催。しかし、J2の悲哀か、京王線は下りは飛田給に特急、準特急が停車せず。

2006_0520ajistu01

東京V0-1山形

東京Vは水曜日に試合がなく、1週間間隔が空いての試合だが、運動量で山形に圧倒される。試合開始直後こそバジーリオや平本の個人能力でチャンスを作るが、山形は最終ラインと渡辺匠でしっかり対応。前半中盤からは、山形FW林のスピードとこの日中盤に配置された臼井の右サイドからの突破に手を焼くようになる。さらにキーマンである財前へのマークが甘く、たびたびフリーでクロスをあげられ、山形優勢で前半終了。

後半に入ると、ラモス監督は膳は効果的な動きができなかった永井を下げ修正を図るが、開始直後から山形が攻勢。その流れの中で、右サイドからのクロスに林があわせポストに当たって跳ね返ったところをレアンドロが詰め山形先制。その後も森本、久場を投入し東京Vは選手交代で展開を打開しようと図るが、山形は組織的な守備でしっかり守り、そのまま試合は終了した。

内容的には山形の完勝だろう。山形は結果は出ていなかったがベースはできていたチームであり、林の先発起用、渡辺の守備でようやく安定して来た感じ。この日ぐらい財前がフリーになれば、あれぐらいは十分やれる。

一方、東京Vは重症。先発メンバーが固定されずチームとしての完成度が低い中、休養が多いにもかかわらずあれだけ運動量で山形に差を着けれれては、頼みは個人技だけになってしまう。監督コメントでも「運動量が少ない、気持ちが見えない」とある通り。しかし」、大野や永井を先発起用している時点で首脳陣の責任もあるんじゃないかな。2人とも攻撃の力はあるし個人技はあるけど、運動量という点で物足りないのは前からわかっていることだし。ベテランとしてゲームをコントロールする工夫が足りない。もちろん個人能力で今節の柏みたいに勝つことも可能だけれど、それでは安定した成績を残せないのではないか。J2は相手のよさを消すことに重点を置いてくるチームが少なからず存在するので、個人技頼りでは勝ちきれない試合がどうしても多くなる。チームの柱を変えていく必要があるんじゃないかな。

2006_0520ajistu02

サポーターも我慢が続かないよ。山形の弾幕には「逆算して勝てるほどJ2は甘くないっす」というのもあったけど、ラモス監督見ましたか。都並コーチ、去年の経験、生かしてますか。

追記。試合終了後、嵐のような大雨、。試合終盤の空はこんな感じ。

2006_0520ajistu03

次節は、今度こそ西が丘に行きたいぞぉ。

|

« 第125回toto結果&第126回toto予想 | Main | おとなしいラモス~J2第18節東京V-湘南 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/10170471

Listed below are links to weblogs that reference 走れない、走らない~J2第17節東京V-山形:

« 第125回toto結果&第126回toto予想 | Main | おとなしいラモス~J2第18節東京V-湘南 »