« J2折り返し | Main | さすが水戸!! »

07/17/2006

キーマン潰し~J2第28節草津-仙台

7月初のJ2観戦は、熊谷まで草津を観に。なぜに、草津が「埼玉」でホームゲーム?? スタジアム自体は非常に立派で、国体開催で各県に立派なスタジアムができるという典型例なんでしょうね。

20060716_kumagaya01

草津0-2仙台

序盤は五分。草津は高田にボールを集め攻撃を組み立てていくが、島田が仙台・千葉のマークに合い自由に動けない。対して仙台はスタメンを大幅に入れ替え。最初は関口とボルジェス・ロペスのタイミングが合わないなどチグハグさも目立ったが、徐々にペースをつかむ。前半中盤になると、草津のディフェンスが甘くなり、時々ロペス、ボルジェスがフリーでボールを持つ場面が出始める。結果、ファウルでとめる場面が増え、ロペスのFKが決まり仙台が先制。草津も何度か惜しい場面を作るが、仙台・小針の好セーブに阻まれる場面が続く。

後半に入ると、草津が攻勢を強めるが、島田に対するマークがさらに厳しくなる。CKから何度も惜しいチャンスを作るが、仙台DFが粘る。その粘りから、カウンターでロペスが追加点。これで勝負あり。

20060716_kumagaya02

草津は去年に比べれば相当いい。特に高田、島田はいい。高田はサイドに流れ何度もチャンスを作っているし、島田も精度のいいプレースキックからチャンスを作っていた。惜しむらくは決定力。流れの中で島田が目立たなかったこと、吉本や中盤の押し上げが足りなかったために、もともと堅い仙台の守備を打ち破れなかった。

20060716_kumagaya03

一方仙台。シュート数は草津を大きく下回る9本。ロペスの決定力に助けられたともいえる。関口は良かったと思うが、決定的なチャンスメイクまではいたらず。小針は好セーブを連発し、面目をほどこした。不安は村上。相変わらずといっていいと思うが、位置取りが中途半端。磯崎が良くカバーしていたので大事には至っていないが、今後どうするのか。サンタナ監督も試合中村上に対してはかなり指示を送っていたが、磯崎左SBの方がチームは安定するかもナ。

しかし、熊谷は遠かったなぁ。大宮もこれじゃあ使いにくいわけだ。おまけに帰りは高崎線の人身事故で1時間遅れ。いやぁ参った。

|

« J2折り返し | Main | さすが水戸!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/10987093

Listed below are links to weblogs that reference キーマン潰し~J2第28節草津-仙台:

« J2折り返し | Main | さすが水戸!! »