« 最初の山場~J2第37節横浜FC-神戸 | Main | 弱点の露呈~J1第24節川崎-磐田 »

09/10/2006

塩沢ぁ~J2第38節水戸-徳島

今節は笠松へ。対する徳島は秋葉の移籍、尾上の退団とごたごたしています。

Kasamatsu_01

水戸2-0徳島

水戸は出場停止の眞行寺に代わり、塩沢が先発、左サイドに入る。また怪我から秦、小椋が復帰。一方の徳島はアンドレが先発。試合は水戸ペースで進む。小椋の復帰で中盤でのチェックが効果的になり、徳島はパスをつなぐ丁寧な組み立てを試みるものの、前線にいいボールが入らない。さらに、早い時間に石田が2枚目の警告で退場。さらに苦しい状況に。直後のCKからこぼれたところを吉本がミドルシュートを決め水戸先制。ところがここから水戸は数的優位を生かせない。徳島は組み立てがほとんどできなくなり攻め手を欠いているのに、水戸もサイド攻撃は積極性を欠き、裏へのボールもオフサイドにかかることが多く、追加点なく前半終了。

後半頭から、水戸は桑原を投入。トップ下の椎原をサイドに回し、アンデルソン、塩沢の2トップに。これで、攻撃に積極性が出るが、決定機を決めきれず。しかし、徳島も攻め手を欠き、後半終了間際、GKを西野が頭で落としたところをアンデルソンが受け、個人技でDFをかわし決定的な2点目。2-0で水戸完勝。

  • しかし、遅延行為で2枚目のイエローを出し、退場にするとは、主審も思い切ったことを。調子の上がらない徳島にこれは酷。ゲームを壊した、といってもいいんじゃないかな。
  • 徳島は深刻かもナ。去年のいい時期に比べると前線からのプレスや丁寧なサイドアタックが見られんなぁ。
  • 塩沢に対して、選手から、スタンドから異常なまでの指示出し。丸木さん怒ってるし。小椋から指示出されてるし。それでも。後半のクロスバーに当たったシュート、あれが決まっていれば。今後もがんばれ。
  • 椎原、いいねぇ。来年も水戸に残ってくれるかな。
  • 水戸の観客数、増えてねぇか。サッカーJ+で前田祭りだの、漢祭りだの、記事にした成果か??

水戸はかなりチームの完成度が底上げできている。シーズン当初は。攻める人、守る人がはっきり別れている感じだったのが、だいぶ全体で攻める、守るのメリハリができてきた感じ。キーマンは椎原と小椋だな。さすがにアンデルソンを来年も残留させるのは難しいだろうから、後は生え抜きの日本人FWの育成か。今日先発の塩沢とかが候補かな。

Kasamatsu_02

交代したのに出場し続ける塩沢選手。

おまけ。今日の入場者プレゼントはレプリカシャツなど大サービス。あと栄養食品のプレゼントもあったんだが、ん、よく見ると・・・大塚製薬の商品じゃないか。これは、徳島からのプレゼント、ってことですか?

|

« 最初の山場~J2第37節横浜FC-神戸 | Main | 弱点の露呈~J1第24節川崎-磐田 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/11828403

Listed below are links to weblogs that reference 塩沢ぁ~J2第38節水戸-徳島:

« 最初の山場~J2第37節横浜FC-神戸 | Main | 弱点の露呈~J1第24節川崎-磐田 »