« J2いよいよ佳境に | Main | 今年のJ2 »

11/12/2006

気負いのなさ~J2第48節横浜FC-東京V

いよいよラストスパート。雨中の三ツ沢競技場の観客数は5000人超。ゴール裏は増えてるんだけど、まだまだライト層の取り込みが少ないな。三ツ沢のにぼる坂の途中にも横断幕が掲示されていたけど、横浜市民の皆さん、もっとFCに関心持ってくださいな。(でもチケット代が高すぎるか)

横浜FC1-2東京V

この日の東京Vは前日書いた「いい」ヴェルディか? 「悪い」ヴェルディだったか? というと普通のヴェルディでしたね。前半は明らかに横浜FCペース。東京Vは、とにかく2トップにボールが収まらない。マルクスは右に、左に、中に、前に、後ろにとやたらめったら攻撃時には顔を出すのだけど、なかなか組み立てがうまくいかず。さらに、守備的中盤の2人の押上が遅いので、攻撃に厚みが出ない。一方の横浜FCはいつもの横浜FC。山口が中盤でリズムをつくり、城がボールを引き出す。アレモンが裏を狙う、という組み立て。さらに、本来マルクスがいるべき左サイドが手薄になるため、内田が非常に高い位置取りをし度々東京V左SB藤田をちんちんにしてチャンスを作る。

しかし、先制点は東京V。雨が激しくなる中、ゴール左サイドで得たFKをマルクスが低いグラウンダーのボールをけりこむ。それでも、横浜FCは終了間際にPA内のパス交換から内田がゴールを押し込み同点に。いやぁ、正直これで少なくとも横浜FCの負けはない、と思ってしまいました。

ところが、後半から互角の展開に。東京Vはシウバの位置をややサイドに開くことにより中盤が安定感を増した。それでも、あんまり点を取られる気はしなかったのだが、「なぜか」ハーフラインを過ぎたあたりにいる平本がぽっかりフリーでボールを受ける場面が2回連続ででてしまう。(ヨンデの位置取りの問題かなぁ)そこから平本が猛然とゴール前へドリブル突破を図る。早川も小村も振り切られてしまい、1回目は失点しなかったが、2回目は決められてしまった。終了間際にアレモンの惜しいヘッドもあったがこのまま終了。柏も神戸に競り勝ったため、またまたJ2上位3チームは大混戦に。

横浜FCはつかみどころのないチーム、という感想を何度も言っているが、要は弱いチームに対しては弱いチームに、強いチームに対しては強いチームに、なってしまうところがそう感じさせるんだろうね。今日だって結構大事な試合のはずなのに、「気負いのない」いつもの横浜FCだもの。やり方はどんなチームに対しても変えない、基本的にはリアクション。唯一、アクションをかけるのはアウグストとアレモン。なのでこの2人の調子が悪い、徹底的に封じられたときには攻撃に迫力がなくなってしまう。このままJ1で通じるのかどうかは正直言ってわからん。なんとかしてしまうような気もするし、チンチンにされるような気もする。ただこれ以上の上積みをするにはかなりの痛みを伴うだろうな。

ま、何しろ山口が1年で続けているのが一番大きいわ。元フリューゲルスの中心メンバーとして、どんな心持なのか。そして、それが語られることはあるのだろうか。

|

« J2いよいよ佳境に | Main | 今年のJ2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/12650928

Listed below are links to weblogs that reference 気負いのなさ~J2第48節横浜FC-東京V:

« J2いよいよ佳境に | Main | 今年のJ2 »