« 譲れない戦い~J1第29節川崎-京都 | Main | J2いよいよ佳境に »

11/05/2006

JIとJ2の差とは~天皇杯4回戦川崎-鳥栖

ブログのタイトルに{J2」と銘打っておきながらここのところJ2の観戦自体がご無沙汰です。というわけで、今回の試合は鳥栖目線のの観戦記で。

20061104_todoroki

川崎3-0鳥栖

試合後のイクヲ監督のコメントにもあったが、点を取られるまでは鳥栖のプラン通りの試合運びだったと思う。2トップといいながら山口は中盤まで下がり、ガナハやジュニーニョにボールが入れば人数をかけてつぶしにいく、攻撃は3バックの左右を的確につく、というところを鳥栖の選手たちはきっちりこなしていた。だからこそ前半は0-0で折り返せたのであり、後半新居投入も予定通りであったのだろう。

しかし、やはり1対1の局面で負けてしまう、(特に)攻撃時にミスが川崎より多い、といった点が最後の結果につながってしまった。これが、J1とJ2の差。チーム戦術をきっちりこなし、試合を組み立てられるチームに鳥栖はなった、しかし、もう一段上のチームに、昇格を目指すためにはもう1ピースが必要。それは個人技の高い選手の補強(端的に言えば能力の高い外国人を攻撃面で補強)か、フィジカルのレベルアップ。今日はいい試合をした、だが勝てなかった。イクヲ監督はこれを教訓とすべきと述べていられるが、選手にその共通認識があれば、さらに手ごわいチームに化けられるだろう。J2初年度からの加入チームで昇格していないのは、鳥栖と山形。山形は何度が昇格に近づいたことがあるが、鳥栖がそうなるのも今の方針を継続していけば可能だろう。(今年も可能性はまだ0にはなっていないが)

一方の川崎。最後は個人能力でねじふせた(特に中村のミドルシュートは美しすぎる)が、ジュニーニョのコンディションは心配。この試合中でも。鳥栖はタイトにマークしてきたものの、結構前を向いてもらえるシーンは多かった。それでも振り切れないのは心配。最後にゴールを決めたことだし、リーグ戦での復調に期待すべや。

|

« 譲れない戦い~J1第29節川崎-京都 | Main | J2いよいよ佳境に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/12557515

Listed below are links to weblogs that reference JIとJ2の差とは~天皇杯4回戦川崎-鳥栖:

« 譲れない戦い~J1第29節川崎-京都 | Main | J2いよいよ佳境に »