« January 2007 | Main | March 2007 »

02/28/2007

去年のヴェルディ、今年のヴェルディ

コメント3チーム目は東京ヴェルディ

J2降格1年目、まぁ関東在住の私としてはJ2を見るために正直かなり観戦した。しかし、まぁとにかく出る選手がころころ変わる。外国人は入れ替える、レンタルで追加で選手獲得する、シーズン開始当初から在籍している選手も入れ替える、入れ替える。ある意味すごい状態。すごいいい試合もするかと思えば、国立での愛媛戦みたいにものの見事な完敗も喫する、実にジェットコースターみたいなチームだった。マルクスというパーツもチームを変える力にはならなかったし、正直若手が成長した(育成のために1年だった)という実感もまったくない。収穫は藤田と齊藤、かな。それでもこの2人も完全なレギュラー、とはならなかったよな。

やっぱり良くも悪くも「ラモス監督」のチームだったわけで、そのやりたいサッカーがうまく伝わらなかったんだろうなぁ、という感想です。(「気持ちだよ、気持ち」だけでは決してないと思うので)

さて、今年はJ2においては明らかに反則な補強、選手の入れ替えを敢行。「言い訳はできない」とは監督自身も発言していること。やっぱり、注目は名波、ですよね。個人的な意見としては、彼が世界一といってもいい長丁場で、選手の技術も未熟なため激しいタックルがくることも多いJ2リーグで1年間ずーっと試合に出続けることはありえない、と思う。運動量がない、とかは問題ではない。出続けることができるかどうかがポイント。名波がいれば間違いなくいいチーム。でもいなくなったときはどうなるか。ディエゴもフッキも獲得した。個人の能力では打開できる。服部に土屋も獲得した。守備の安定も図れる。ここまではよい。だが、それだけでJ2で圧倒的な強さを発揮できるか、は{???」。去年の仙台、ボルジェス、ロペスは間違いなく1級品だったが、下位チームでもそこを押さえることはできた。(愛媛や草津はきっちり抑えた)守備面だって、カウンター1発に沈むことは十分考えられる。(愛媛や草津、水戸だってやってくるぞ)だが、ゲームをコントロールする能力だけはスペシャルである。もし、名波が1年間試合に出続けることができれば、昨年の横浜FCの山口になるかもしれん。何試合出れるかが注目だな。(昔、磐田時代に仙台戦のあとで「こんなチームに負けるわけにはいかないでしょ」的な発言を彼がしていた記憶があって、それ以降はどうも素直に全面賞賛する気にはなれんのですがね)

今年も特定個人と心中なのかな。(そうではなくて若手が伸びると面白いけどね)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/25/2007

去年の山形、今年の山形

今回はモンテディオ山形の、去年の感想と今年の期待。

去年の最大の驚きは、財前の獲得。仙台を象徴する選手の獲得は、blogなどを見る限りは好意的に受け止められたようだった。しかし、財前のような運動量や骨惜しみをしない運動量というよりは、一発のパスやテクニックに特徴のある選手が、長年積み上げてきたモンテディオのサッカーにフィットするのかが心配だった。正直、第1クールは「財前の使い方」を試行錯誤した時期ではなかったか、と思う。トップ下においてみたり、FWにしてみたりとかなり財前の使い方を変えていた。第2クールに入り、財前の使い方をようやく見定めると同時に、臼井を中盤に上げ、右SBに木村を起用するという布陣が昨年のベスト。特に私が見た中では、味スタでの東京V戦がベスト。堅い守りに、レアンドロのスピードが生きた1戦だった。リーグ後半は故障者がでて、選手層の薄さで成績を落としてしまったが、あいかわらず面白いサッカーをしていると思う。柏がモンテディオ相手に苦しんだのも、単純な力押しではポゼッションを高く保ってくる山形には通用しないという証明だろう。

今年はレアンドロが抜けると同時に、高橋や太田、永井といった長年山形の屋台骨を支えていたベテランたちがチームを去った。正直厳しいかな、とも思うが、従来の山形スタイルを維持することができれば、十分面白い存在。林や根本に従来の切れが戻れば、ね。

J2設立当初の参加チームで、未だ昇格を果たしていないのは、山形と鳥栖。毎年結構期待してるんだけどな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/22/2007

去年の水戸、今年の水戸

Jリーグ公式サイトに、昨年のStatsを各Jリーグチームごとにまとめたものが出ている。

http://www.j-league.or.jp/2007opta/

それに刺激されたわけではないけど、開幕まで2週間をきったこともあるし、去年数多く生観戦したチームを中心に、今年への期待をまとめたい。

まずは、水戸ホーリーホック。「水戸ナチオ」とも言われる守備的戦術を中心に、J2の洗礼を降格チームに与えるある意味J2の象徴的なチームだと思う。それでも昨年の後半は引いた守備→カウンターから、中盤のビルドアップを交えたより攻撃的な戦いを続け、少しづつではあるがチームのレベルアップを図った年だった。

その中で、椎原、小椋、真行寺といった若手が少しづつ力をつけ、そのほとんどが今年もチームに残った。毎年大量の移籍を繰り返していたが、ことしは若い中心選手候補を残したことで期待も持てるし、逆に言えば試練の年だろう。戦術が浸透し、彼らの力がさらに伸びるか、それとも我慢しきれずもとに戻るかに注目。去年の得点王、アンデルソンは鳥栖に移籍したが、昨年後半は明らかに精彩を欠いていた。前半の1人で攻めていたほうが生き生きしていたのだから、戦術を本当に変えるのなら、(たとえ金銭面の理由であったとしても)放出は正解。その穴を誰が埋めるのか、も楽しみの一つ。岩館? 塩沢? 鈴木孝明??

もうひとつはサイドバック不足。右サイドバックは怪我さえなければ倉本で決まりだろうが、左サイドバックは大和田が今年も務めるのか。大和田はセンターバックの方がいいと思うのだが、荒っぽいからなぁ。ベテラン鈴木との併用かな。

個人的なお勧め選手は、椎原。このJEFアマチュア出身の選手は展開力があり、カウンター一辺倒ではなく、パスをつなぐサッカーを目指すうえでは重要なキーとなる可能性がある。

というわけで、前田祭りがまたいっぱい笠松で展開されるよう、期待申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/03/2007

カルチョビット

昨年末なんとかDS手に入れたのだが、実際やっているのはGBAのゲームばっか。

特に、カルチョビットは面白いね。現在6年目でN1リーグ1年目なんだけど、まぁ昇格1年目はホンと勝てないね。6月現在過酷な残留争い(勝ち点3差に5チームがひしめき合い状態)のまっただなかで、まだ降格圏内。N2リーグも、昇格直後はなかなか勝てず、シーズン後半から調子が出てきたり、バランスがリアル。特訓の名前も、にやり、とするものばかりだし。

通勤の電車内で時々やって、はまってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »