« 去年の山形、今年の山形 | Main | 去年の仙台、今年の仙台 »

02/28/2007

去年のヴェルディ、今年のヴェルディ

コメント3チーム目は東京ヴェルディ

J2降格1年目、まぁ関東在住の私としてはJ2を見るために正直かなり観戦した。しかし、まぁとにかく出る選手がころころ変わる。外国人は入れ替える、レンタルで追加で選手獲得する、シーズン開始当初から在籍している選手も入れ替える、入れ替える。ある意味すごい状態。すごいいい試合もするかと思えば、国立での愛媛戦みたいにものの見事な完敗も喫する、実にジェットコースターみたいなチームだった。マルクスというパーツもチームを変える力にはならなかったし、正直若手が成長した(育成のために1年だった)という実感もまったくない。収穫は藤田と齊藤、かな。それでもこの2人も完全なレギュラー、とはならなかったよな。

やっぱり良くも悪くも「ラモス監督」のチームだったわけで、そのやりたいサッカーがうまく伝わらなかったんだろうなぁ、という感想です。(「気持ちだよ、気持ち」だけでは決してないと思うので)

さて、今年はJ2においては明らかに反則な補強、選手の入れ替えを敢行。「言い訳はできない」とは監督自身も発言していること。やっぱり、注目は名波、ですよね。個人的な意見としては、彼が世界一といってもいい長丁場で、選手の技術も未熟なため激しいタックルがくることも多いJ2リーグで1年間ずーっと試合に出続けることはありえない、と思う。運動量がない、とかは問題ではない。出続けることができるかどうかがポイント。名波がいれば間違いなくいいチーム。でもいなくなったときはどうなるか。ディエゴもフッキも獲得した。個人の能力では打開できる。服部に土屋も獲得した。守備の安定も図れる。ここまではよい。だが、それだけでJ2で圧倒的な強さを発揮できるか、は{???」。去年の仙台、ボルジェス、ロペスは間違いなく1級品だったが、下位チームでもそこを押さえることはできた。(愛媛や草津はきっちり抑えた)守備面だって、カウンター1発に沈むことは十分考えられる。(愛媛や草津、水戸だってやってくるぞ)だが、ゲームをコントロールする能力だけはスペシャルである。もし、名波が1年間試合に出続けることができれば、昨年の横浜FCの山口になるかもしれん。何試合出れるかが注目だな。(昔、磐田時代に仙台戦のあとで「こんなチームに負けるわけにはいかないでしょ」的な発言を彼がしていた記憶があって、それ以降はどうも素直に全面賞賛する気にはなれんのですがね)

今年も特定個人と心中なのかな。(そうではなくて若手が伸びると面白いけどね)

|

« 去年の山形、今年の山形 | Main | 去年の仙台、今年の仙台 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/14073639

Listed below are links to weblogs that reference 去年のヴェルディ、今年のヴェルディ:

« 去年の山形、今年の山形 | Main | 去年の仙台、今年の仙台 »