« カルチョビット | Main | 去年の山形、今年の山形 »

02/22/2007

去年の水戸、今年の水戸

Jリーグ公式サイトに、昨年のStatsを各Jリーグチームごとにまとめたものが出ている。

http://www.j-league.or.jp/2007opta/

それに刺激されたわけではないけど、開幕まで2週間をきったこともあるし、去年数多く生観戦したチームを中心に、今年への期待をまとめたい。

まずは、水戸ホーリーホック。「水戸ナチオ」とも言われる守備的戦術を中心に、J2の洗礼を降格チームに与えるある意味J2の象徴的なチームだと思う。それでも昨年の後半は引いた守備→カウンターから、中盤のビルドアップを交えたより攻撃的な戦いを続け、少しづつではあるがチームのレベルアップを図った年だった。

その中で、椎原、小椋、真行寺といった若手が少しづつ力をつけ、そのほとんどが今年もチームに残った。毎年大量の移籍を繰り返していたが、ことしは若い中心選手候補を残したことで期待も持てるし、逆に言えば試練の年だろう。戦術が浸透し、彼らの力がさらに伸びるか、それとも我慢しきれずもとに戻るかに注目。去年の得点王、アンデルソンは鳥栖に移籍したが、昨年後半は明らかに精彩を欠いていた。前半の1人で攻めていたほうが生き生きしていたのだから、戦術を本当に変えるのなら、(たとえ金銭面の理由であったとしても)放出は正解。その穴を誰が埋めるのか、も楽しみの一つ。岩館? 塩沢? 鈴木孝明??

もうひとつはサイドバック不足。右サイドバックは怪我さえなければ倉本で決まりだろうが、左サイドバックは大和田が今年も務めるのか。大和田はセンターバックの方がいいと思うのだが、荒っぽいからなぁ。ベテラン鈴木との併用かな。

個人的なお勧め選手は、椎原。このJEFアマチュア出身の選手は展開力があり、カウンター一辺倒ではなく、パスをつなぐサッカーを目指すうえでは重要なキーとなる可能性がある。

というわけで、前田祭りがまたいっぱい笠松で展開されるよう、期待申し上げます。

|

« カルチョビット | Main | 去年の山形、今年の山形 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/14003118

Listed below are links to weblogs that reference 去年の水戸、今年の水戸:

« カルチョビット | Main | 去年の山形、今年の山形 »