« 去年の水戸、今年の水戸 | Main | 去年のヴェルディ、今年のヴェルディ »

02/25/2007

去年の山形、今年の山形

今回はモンテディオ山形の、去年の感想と今年の期待。

去年の最大の驚きは、財前の獲得。仙台を象徴する選手の獲得は、blogなどを見る限りは好意的に受け止められたようだった。しかし、財前のような運動量や骨惜しみをしない運動量というよりは、一発のパスやテクニックに特徴のある選手が、長年積み上げてきたモンテディオのサッカーにフィットするのかが心配だった。正直、第1クールは「財前の使い方」を試行錯誤した時期ではなかったか、と思う。トップ下においてみたり、FWにしてみたりとかなり財前の使い方を変えていた。第2クールに入り、財前の使い方をようやく見定めると同時に、臼井を中盤に上げ、右SBに木村を起用するという布陣が昨年のベスト。特に私が見た中では、味スタでの東京V戦がベスト。堅い守りに、レアンドロのスピードが生きた1戦だった。リーグ後半は故障者がでて、選手層の薄さで成績を落としてしまったが、あいかわらず面白いサッカーをしていると思う。柏がモンテディオ相手に苦しんだのも、単純な力押しではポゼッションを高く保ってくる山形には通用しないという証明だろう。

今年はレアンドロが抜けると同時に、高橋や太田、永井といった長年山形の屋台骨を支えていたベテランたちがチームを去った。正直厳しいかな、とも思うが、従来の山形スタイルを維持することができれば、十分面白い存在。林や根本に従来の切れが戻れば、ね。

J2設立当初の参加チームで、未だ昇格を果たしていないのは、山形と鳥栖。毎年結構期待してるんだけどな。

|

« 去年の水戸、今年の水戸 | Main | 去年のヴェルディ、今年のヴェルディ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/14045079

Listed below are links to weblogs that reference 去年の山形、今年の山形:

« 去年の水戸、今年の水戸 | Main | 去年のヴェルディ、今年のヴェルディ »