« 試合終了 | Main | 等々力の良さを守りたい »

03/05/2007

水戸ナチオは封印するのか~J2第1節水戸-山形

笠松は6500人以上とよく観客が入っていた。それも退去して押し寄せた山形サポのおかげが50%以上、かな。恒例のコール合戦も行われ、相変わらずなぜか仲の良い山形と水戸。仙台、川崎みたいに綱引きでもやってみたらどうですか

Kasamatsu_01_1

直前のプレシーズンマッチでは、鹿島に大敗した水戸と柏に快勝した山形だが、この試合に限っては水戸が主導権を握っていた。ドン引きして1トップに当てるを繰り返すいわゆる「水戸ナチオ」を封印し、中盤でのチェックとDF裏へのロングパスを繰り返すことにより、山形は持ち味のポゼッションを封じられ、最終ラインからパスの出しどころを探す時間が多かった。もうひとつの持ち味のサイド攻撃も、臼井がスタメンから外れた影響か不発。水戸の決定力不足に助けられたかな。

結局、山形の決勝点は、水戸のミスから。水戸としては、崩された感じもしなかったが、崩した感じもしない、ビミョウな結果。このやり方でどう結果を出していくか、今後の注目。

一方の山形も、まだチームが熟成されていない。レアンドロ、永井が抜けて、チームのよりどころがまだ確立していない感じ。これもまたしばらく様子を見ないと良くわからない。

とりあえず、今節の良かった選手は、山形・渡辺と水戸の小椋かな。

J’sGOALのレポ、はっときます。

http://www.jsgoal.jp/news/00045000/00045136.html

|

« 試合終了 | Main | 等々力の良さを守りたい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/14137020

Listed below are links to weblogs that reference 水戸ナチオは封印するのか~J2第1節水戸-山形:

« 試合終了 | Main | 等々力の良さを守りたい »