« 試合終了 | Main | 笠松競技場 »

03/04/2007

ポゼッションと個人能力~J2第1節湘南-仙台

平塚競技場に初めて行ってきた。やっぱり遠いなぁ。

Hiratshuka_01

湘南1-2仙台

仙台は、組織的な戦術を目指すと言ってきた望月新監督の目指す方向性は見せられた試合だった。中盤での細かいパス交換や大きなサイドチェンジ、前からのプレスなど昨年の仙台には見られなかったもので、巧いと思わせる展開が何度もあった。失点はジョニウソンがかわされ、アジエルの個人技で決められたもので、決定的にチームとして崩されたものではなかったので、修正を図ればよい。全体の印象としては、山形のサッカーに似ている。誤解を恐れずに言えば、G大阪、ともいえる。ただし、山形にはロペスはいないし、仙台にはマグノアウベスはいないということ。個人能力が全体の質につながってしまっているので、この辺はもう少し連携や攻め方の工夫が必要だろう。

この試合もOGとPKでの得点だったので、2トップの決定力不足が攻められるところだが、攻め方自体にも工夫がまだ足りない。中盤からの組み立て、ロペスやリャンの個人技を生かした突破は見られたが、速い攻め、切り替えの早さが足りない。中島、萬代の裏を狙う動きへの連動がほとんど見られなかった。PKをとった場面くらいかな。

一方の湘南。ジャーン、斉藤の個人能力の高さはさすが。特にジャーンは1対1でほとんど相手に仕事をさせず。斉藤もPKの場面は不運だったが、効いていたと思いますよ。でもこの2人が目立っちゃうということは、ゲームの支配権は仙台にあったということで。チームとしての熟成度はまだまだな感じ。

実は一番目立っていたのは湘南GK金のゴールキックなわけで。直接タッチラインを割ることしばしば。はぁ。

|

« 試合終了 | Main | 笠松競技場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/14120932

Listed below are links to weblogs that reference ポゼッションと個人能力~J2第1節湘南-仙台:

« 試合終了 | Main | 笠松競技場 »