« 唖然 | Main | 今日は名波先生も服部先生もコメントなし »

05/03/2007

国立無敗~J2第13節東京V-水戸

今日はスカパーで仙台-京都戦を観戦後、国立へ。国立前田祭りで妙に盛り上がる水戸ゴール裏。なんだよ、笠松より多いじゃねーか。

20070503_kokuritu01

20070503_kokuritu02

東京V1-5水戸

  • いやぁ、平本のクロスからいきなりの本間のハエタタキで東京Vが先制したときには、正直ダメだと思いました。今日の本間は当たらない日でしたな。
  • ところが、またまた東京Vがセットプレーの守備の甘さが出て、フリーでヘディングされたクリアを大和田に押し込まれる。
  • ここから東京Vの守備がバタバタ。正直人数をかけて守っている水戸相手に展開が遅い。ゼルイスに収まってから、前に運べない展開が続く。
  • といってる間に水戸・小椋の守備から金澤が決めて2点目。
  • このまま前半折り返し。東京Vゴール裏からはブーイング。平本、廣山はどこに行ってたの? って感じで、前線に起点が作れなかった。
  • というわけで、東京V後半から船越投入。
  • が、船越に無理にでも当てればいいのに、またもやもったり展開。
  • さらに、度々服部が金澤に振り切られる。
  • って考えているうちに、また水戸追加点。(まぁこれは塩沢に0.8点くらいあげてもいいな)
  • こうなったら、人をかけて守備をしている水戸相手には永井のドリブルが効くな、と考えていたところで、永井投入。
  • ところが依然としてまったり中盤の東京Vは永井にボールが回らない。
  • で、また追加点。(岩館今シーズン1号)
  • 最後には服部のPK献上に、平本の退場のおまけつき。
  • 試合後異常に盛り上がる水戸ゴール裏。
  • 悪い意味で盛り上がり、ものを投げ込む東京Vゴール裏。

というわけで、いやぁすごいもの見ました。なんかデジャブ、とおもったら、去年8月の同じ国立、愛媛戦だわな。あの時も平本の先制ゴール(これは実に見事なゴールでした)のあと、「あ」という間に4点いれられて逆転された試合。あの試合もサイドから攻められてまったく対応できず、だったわけだが、そのときはラモス監督は早い段階で対面のSB、藤田を交代させている。しかし、この試合では服部を替えるわけにはいかなかったんだろうな。

正直服部も途中からなにがなんだかわからなくなっていたのではないか。PK献上の場面だってもっと冷静な対応ができるはず。さすがに今節は彼のコメントはありません。

もちろん、フッキがいれば結果は変わったはず。というわけで、最後にラモス監督のコメント貼っておきます。

http://www.jsgoal.jp/news/00048000/00048000.html

監督交代でも守備の組織の建て直しなしには勝ったり負けたりが続くかも。

|

« 唖然 | Main | 今日は名波先生も服部先生もコメントなし »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/14943011

Listed below are links to weblogs that reference 国立無敗~J2第13節東京V-水戸:

« 唖然 | Main | 今日は名波先生も服部先生もコメントなし »