« 国立 | Main | J2移籍情報 »

07/16/2007

谷口のがんばり、須藤の運~ナビスコ準々決勝第2戦川崎-甲府

台風の影響で開催が心配された試合ですが、予定通り開催。川崎はアメフトのワールドカップの影響で等々力開催ではなくホームですが国立開催。しかし、甲府はサポの数増えたなぁ。国立開催だと等々力よりは甲府からもアクセスがらくだと思うので、よかったんじゃないかな。

Kokuritsu_070715

川崎4-2甲府

  • 前半は甲府らしさがいまひとつだった気がする。ポイントは井上の出来の悪さ。(試合後の大木監督のコメントからは怪我だったようですが)そのために、ラインが2ラインになってしまい、1次攻撃の跳ね返りを収めきれず、お得意の波状攻撃につなげなかった。
  • それでも第1戦ハットの須藤の運のよさ(もちろん、運のよさを呼び込むための前線での踏ん張り、ポジショニングはあります)が継続。1点目は、川崎DFが試合前から急に降りだした雨の影響もあり足を滑らした時にかっさらたボールを綺麗にゴール。あそこで、ふかさないでグラウンダーでコースを狙ったのはお見事というほか無し。(川崎GK相澤を責める声も多いようですが)
  • 逆に川崎は谷口の踏ん張りが出色。前半から後半の途中まで、トップ下に位置し、ことごとくボールを収めまくる。これが甲府の攻撃の圧力を抑えることにもつながった。まぁとにかくどこにでも顔出すし、ことごとく競り勝つし、挙句に点は取るし。この試合の谷口はとにかくすばらしかった。復調だね、完全に。
  • 前半左サイドに入った久木野もいいでき。杉山をはずしてフリーでボールを受ける場面が多く、あとはフィニッシュが、ですね。
  • 森の出来がよくなかったので、井川へのチェンジで安心。森のサイド結構突破されてたし、攻撃のも絡めなかったので早い段階での交代は正解でしょう。
  • まぁ。しかし、相変わらず甲府はよく走る。これで1ボランチと2ウイングのの出来がもう少しよかったら、どうだったかな。終了間際の井川の突破に転んでしまったのは運もなかったが、限界なのかもしれません。
  • 黒津、えらい。

川崎はこれで準々決勝突破。毎年しかしぎりぎりで勝ち抜くなぁ。中村抜きで勝てたのは大きいよね。

|

« 国立 | Main | J2移籍情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/15776033

Listed below are links to weblogs that reference 谷口のがんばり、須藤の運~ナビスコ準々決勝第2戦川崎-甲府:

« 国立 | Main | J2移籍情報 »