« この空席ジャパンは | Main | totoの対象試合にびっくり »

07/01/2007

連敗脱出~J1第18節川崎-神戸

久々のJリーグ生観戦は、等々力に。チケットの売れ行きもいいし、川崎市制記念ということで混んでるのかなぁ、と思っていたが、18時到着ではそれほどでもなかった。通常アゥエイチームのサポが多いメインアゥエイ寄りが空いていた。神戸はやっぱり遠いのか、在京サポが少ないのかな。

20070630_todoroki01

川崎2-1神戸

  • 神戸いいよ、神戸。三浦移籍とかゴタゴタがあったけど、チームとしてはいい出来。目だった選手は、朴、ボッティ、トーメ。田中も去年J2時代の輝きを取り戻しつつあるよね。
  • 大久保がサイドとしてすっかりはまっているのにびっくり。森とのやんちゃ対決はいまいちみられなかったけどな。
  • 逆に、右SBの石橋がジュニーニョがドリブルで突っかけてくると中央に寄っちゃうんだよな。1点目はそのギャップから。
  • 村上、宇宙開発が減ったよなぁ。1点目だって仙台時代だったら、まずゴール上にどーーーーーんだと思うんだけど。
  • ガナハはまだ本調子とはいえないな。正直トーメと北本に上手く抑えられて、ポストとしての昨日はいまいち。
  • さらに、大橋は消えてる時間が多かったし。関塚監督のコメントによれば「空いているのに使われなかった」ということのようですが。
  • 近藤のゴールは彼らしさがよく出ていたゴールでしたな。
  • 逆にレアンドロはまぁよく消えていましたな。
  • トーメの退場は正直よくわからない。でも、効いていたトーメの退場は神戸には痛かった。
  • いやぁ、ジュニーニョがPKはずしたとき、始球式でのスキマスイッチ・常田氏のキックをポストに当てた場面を思い出した人がまぁ1万人以上はいたはず。これで引き分けたり、負けたら彼のせいになっていたところ。
  • それでもなかなか点が入らないのが、連敗中のなせる業かな。

よく勝ったなぁ、というのが正直な感想。神戸はいいチームになっていた。三浦がいなくても去年のいい時期以上のレベル。昨年からのやり方は、近藤の1トップ+三浦、朴の両ウイングの攻撃力が魅力だったわけで、その三浦の位置に予想以上に大久保がフィットしている。これでレアンドロがもっと絡んだら、すげーチーム。ゲーム終盤キャプテンマークをピッチの上に落としても拾わずに奮闘した大久保の負けん気がいい方向に生きるといいのですが。

20070630_todoroki02

一方、川崎。これで呪縛が解ければ少し調子が上がるかも。あのチームでACLと両方で結果を出すのは相当大変。リーグで優勝なんて望みが高すぎる、と思います。ですから。今の位置はよくやっているほうではないかと。「タイトル」をとるならやはりナビスコが一番可能性が高い、と思います。

これでしばらくはJ1は中断。J2ウォッチに専念せなな。

|

« この空席ジャパンは | Main | totoの対象試合にびっくり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/15616744

Listed below are links to weblogs that reference 連敗脱出~J1第18節川崎-神戸:

« この空席ジャパンは | Main | totoの対象試合にびっくり »