« 飛田給 | Main | 大混戦J2 »

09/30/2007

望外の結果~J2第43節東京V-札幌

今節は等々力に行かず、今年まだ未観戦の札幌を観に味スタへ。急に気温が下がって雨も強く肌寒い陽気。雨のため開放されたので、初めて味スタの2階スタンドにも行きましたが、階段の段差が低すぎ。運動神経の鈍ったおじさんには毛躓きそうできついなぁ。

Ajista_070930

東京V5-1札幌

  • 強い札幌を今年はテレビでしか観たことがないけど、今日はなぁ、最初のセットプレーの2点がすべてだな。セットプレーにあんなに弱い札幌は今年観たことないもんなぁ。
  • だからといって、東京Vがセットプレーを改善してきたって感じはしないな。力技、力技。まさに。
  • とりあえず、札幌はDFは改善されていたと思いますよ。DFラインと2列目の位置関係は悪くないような。
  • でも、いいときはFWでしっかり収められていたのが、今日は収められなかった。芳賀の押し上げが足らない、という言い方も出来る。
  • じゃぁ、東京Vが強いのか、というと、個人能力の高さは見て取れるものの、チームとしての有機性は???
  • それを、何とかつなぎとめているのが菅原と服部。高い位置から見てるとよくわかったけど、菅原の位置はフォアリベロ、に近いよね。そこで時間をかけて、コースを限定しているから、土屋の個人の強さが生きる、と。
  • 中山とシウバのフリーのシュートはずすのは、もはや仕様だな。

観にいく前は、去年の横浜FC-神戸みたいな僅差の好ゲームを予想していたけど、意外な大差。早い時間に2点をとられては、札幌の組織的な守備よりも、東京Vの個人能力の高さが生きてしまう展開になるのはやむを得ないか。シウバと飯尾の無駄走りっぽい運動量に藤田、西谷が押し込まれてしまったのも痛かったかな。あとは札幌の不調は1シーズンを非常に固定してきたメンバーで戦ってきた歪みなのかもしれないね。調子が悪くなってきたときにペースを替えられる選手がいない、と。

一方、東京V。ビックらこいたのは、廣山に替えて右サイドにシウバを起用したこと。ところがこれが当たってしまうんだな。運動量のみで押し込んでしまった、のが、序盤のペースを作るのに効いていた。でも、観てると5人で攻めて、5人で守ってる感じ、で、何かに似てるなと思ったら、去年の仙台、だな。ただ、1人1人の個人能力は明らかに今年の東京Vのほうが上、フッキは1人で突破できるしね。

とりあえずこれで東京Vは暫定2位まで浮上。だけど、結構危ういバランスの上に立っていると思うな。はっきり、この人がいないと困る選手が、多すぎる。フッキと、服部と菅原。フッキはカード累積で出場停止の恐れがある。服部と菅原が怪我で出れないと大変だな。

実は、菅原の場合は、試合に出られない可能性はラモスが握っているんじゃないかとおもうんですが、幸いにもゼ・ルイスがブラジルに帰ってしまったので、替える選手がいない、と。今日のシウバみたいにチームがよい状態でも、平気でスタメン替えてくるってのが、最後の最後で悪いほうに効かないと良いけどねぇ。

|

« 飛田給 | Main | 大混戦J2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/16624000

Listed below are links to weblogs that reference 望外の結果~J2第43節東京V-札幌:

« 飛田給 | Main | 大混戦J2 »