« 暑い | Main | 混戦J2 »

09/17/2007

J2仕様~J2第40節東京V-福岡

9月のこの時期のデーゲーム、こんなに暑くてどうする?! かんかん照りのいい天気で、これはサッカーやる環境ではないなぁ。バックスタンドは日が当たっているところにはとても座ってられないので、後半からはアウェイ席に移動していましたよ。

Akista_01

東京V2-0福岡

ここのところ4バックにしても守備が安定している東京V。その要因は? とおもってみていたわけですが、感想としては「すっかりJ2仕様」という結論です。ラモス監督の理想をひたすら追い続けていた(そしてそれが消化不良だった)この1年半、最後の結論は「人数をかけて守って、カウンターから前線の個人能力にかける」というまさにJ2の、それも下位チーム仕様のサッカーということのようです。この試合では、佐藤悠介の出来の悪さという面があったにせよ、サイドアタックも散発、ディエゴとフッキの個人能力に賭け、それが結果に結びついた、ということですよね。まず間違いなく「負けないサッカー」になっていると思います。柱谷さんの必死の説得の効果、でしょう。もちろん、ラモスは満足してないでしょうけど。

ただ、東京Vの個人能力は、J2下位チームのそれとは桁違い、なわけです。現実的にはこれで十分今年のJ2なら勝ち点を拾っていける。まさに「戦術フッキ」。この試合も、PKとFKですから。でも、正直セットプレー以外で点が入る気がしなかったのも事実です。もっと守備の強い札幌、中盤で主導権を握って攻めてくる京都、鳥栖、仙台相手にこの第4クール勝ちきれるか、と、フッキが「It's not his day」だったときどうするかですね。

一方の福岡。今日の暑さもあって、いまいちでした。特に最大の持ち味である田中が、飯尾がかなり守備に回ってしまったため、封じられたのが痛かった。ここに久永がいればなぁ、という感じでしたね。サイドチェンジを織り交ぜながら責めようという意図はよく見えたのですが、そのパスの精度がいまいち。アレックスも一時期ほどの切れがない、となれば、この結果は妥当なものだといえましょう。

この負けで、福岡かなり厳しくなったと思いますが、札幌も含め絶対的な強さを持ったチームは今年のJ2にはないので、まだまだチャンスはあると思います。

|

« 暑い | Main | 混戦J2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/16474246

Listed below are links to weblogs that reference J2仕様~J2第40節東京V-福岡:

« 暑い | Main | 混戦J2 »