« September 2007 | Main | November 2007 »

10/22/2007

J2ラスト6

チーム数が奇数なので、ラスト5もしくは6なのですが、節は6節なのでラスト6ということにしておいてください。

先週末は、福岡-札幌、仙台-C大阪が上位対決。

札幌はダヴィがいないと勝率が落ちる傾向が強いのだが、今節は石井退場というアクシデントもありながら1-0の勝利。では調子が戻ったか? というとまだ不安。10人になったこともあって、いつもより守備意識が高くなったのが、いい方向に向いた気もするからな。次節は石井もいないので、だれをFWに起用するか?

仙台は、これもC大阪が香川出場停止という幸運もあり、勝利。これでC大阪は相当厳しくなった。効果的なパスも、一人での突破も出来る香川がいないと、C大阪はちょっと別チームの感じがしましたよね。京都戦でのロスタイムに追いついた勢いが感じられなかった、というか。あとは小松の不調が痛いな。一方の仙台も終了間際のロペス退場は痛いような気もしますが、ここのところのロペスは試合を通じて安定したパフォーマンスが出来ているとはいえない状態。仙台の場合は、ロペスがいない穴は、東京V-フッキ、や福岡-アレックス、京都-パウリーニョよりはかなり小さいと思うな。ボールをこねがちなロペスがいないことにより、逆にボールを動かすスピードが速くなる、可能性すらあるわけで。このへん「替えの効かない選手」をあまり作らないようにしてきたチームマネジメントの成果がでるか、どうかですね。(仙台で最も替えの効かない選手は、千葉、のような気がする。)

その他上位チームは順当勝ち。東京Vはフッキ、ディエゴともまだイエローなし。山形もダメだったか。次節鳥栖は比較的東京Vとは相性がよいが、水戸戦を見る限りはまだ一時期の好調さまでは戻ってないな。生半可なサイドアタックは止めるだけの堅さを獲得した東京V相手に、さて、どうなるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/21/2007

好きです川崎あいのまち~J129節川崎-新潟

すっかりネタチームと化した最近の川崎ですが、今度は「水色バイバイン計画」だそうです。等々力にも告知ポスターがいっぱい。2000年の悔しさを晴らすためにも、まずはリーグ戦、ですね。

071018_tooroki

川崎4-3新潟

  • 試合前に川崎コアゾーンから「川崎市民の歌」の合唱。自治体の歌を歌うのって、山形、とか、水戸とかって印象ですが、他はどうなのかな。なんか聞いたことがあるなぁ、と思っていたら、あ、ゴミ収集車のメロディだ。
  • 新潟出身なので川崎・サブGK相澤の選手紹介で拍手をする新潟サポ。優しい、優しすぎる。
  • 試合のほうは、開始当初から両チーム好不調選手がくっきり。好調さを感じたのは、新潟は矢野、マルシオ、坂本。川崎は、ジュニーニョ、中村、久木野。逆に不調か? 思ったのが、川崎では森(後半3バックにして位置を上げてからは少し良くなりました)、新潟はエジミウソンとシルビーニョかな。
  • 前半は川崎のカウンターが面白いように決まる。新潟の両CBがスピードで振り切られる場面多数。
  • 久木野のふんばりからのゴールには興奮。ころころと転がる間中、「入れ」という念を送ってしまいました。
  • 一方、新潟はセットプレーに可能性を感じまくり。マルシオってすごいね。というわけで、後半セットプレーで追いつかれる展開。
  • ほんと、新潟は今の順位にいるのが納得、という出来。去年の開幕戦で虐殺されたときと比べると、矢野のポストプレーであるとか、千代反田の強さとか、坂本隊長の頑張りとか、チームとしての底上げが感じられました。
  • でも、鈴木監督の交代の遅さは、山形のときと変わらんね。
  • テセの運動量が落ちてきたところで、交代が都倉というのはびっくり。
  • 最後のロスタイムのケンゴのゴール、バックスタンドアウェー寄りから見ると、綺麗に決まったように見えたんですが、GKが触ってたんだね。

川崎は一時期の得点取れない状態からは、脱したかな。ケンゴもだいぶ疲労が取れてきた、ということか。ジュニーニョも復調気味だし、これは、ナビスコも期待できるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/13/2007

心を折ったシュート~ナビスコカップ準決勝第2戦川崎-横浜FM

今日は等々力へ。久しぶりにゆっくり座ってバックスタンド1階アウェイ寄りで観戦。でも入場者数は1万5千人。アウェイの数が多かったから???

F1000002

川崎4-2横浜

記事のタイトルはここから

横浜FW大島はガックリ/ナビスコ杯(ニッカン)

J’sGoal早野監督コメント「あのシュートは二度とないと思いますが、そういう事も精神的なショックになったのかなと思います」

  • 正直早い時間帯で大島に決められた時はダメかと思いました。
  • でも、とにかくヒロキキャプテンの見事なシュート! 目の前で見ましたが、まさか入るとは。まっさに鳥肌もの。
  • そこから急に横浜FMがバタバタしだしたのは事実。
  • いやぁ、清水、坂田のスピードには手を焼いていたし、速いクロスには対応は取れていなかったと思いますが。
  • 河合のボランチ起用が今の横浜FMの戦術のベースということもよくわかりましたし。
  • それでも、結局川崎のカウンターが効いたのは、先制して行ける、と思ったところを、見事なシュートで追いつかれたことによる焦りかな、精神的なものかな、と。
  • 山瀬、ケンゴの司令塔対決も、ケンゴの勝ち、ということで。
  • マルケスも結局チェンジオブペースが出来なかったし。
  • GK退場で、勇んでGKのポジションに向かう松田に苦笑。
  • でも、結局はその退場が終了間際の松田のパワープレーという武器を奪ったことにもなるわけで。
  • まぁ、最後の黒津のゴールは、おまけ、ですね。

というわけで川崎は7年ぶりのナビスコ決勝進出。ナビスコカップは選手層の薄いチームにもチャンスのあるタイトルなので、ぜひともG大阪に勝ってもらいたいな、と。

余計なことを言ったJリーグやサッカー協会を見返すためにも、ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大大混戦J2

ますます大混戦のJ2。まずはミッドウイークの試合をおさらい。

仙台 1 - 1 山形 (19:04/ユアスタ/15,614人)
得点者:52' 岡山一成(仙台)、89' 財前宣之(山形)

うーん、あれはビミョウな判定。それでもやはり責められるべきは2点目を取れなかった仙台攻撃陣。ロペスの調子は明らかに悪いよな。一時期の山形のような2点目の呪縛、はいつ解けるのか。ロスタイム点を取ったのが財前とは味わい深過ぎる。

草津 0 - 0 水戸 (19:04/群馬陸/2,865人)

なんかひどい試合だったみたいですね。来年も北関東ダービーは続く。

湘南 3 - 1 鳥栖 (19:03/平塚/3,220人)
得点者:21' 藤田祥史(鳥栖)、25' 加藤望(湘南)、65' エドワルドマルケス(湘南)、76' アジエル(湘南)

湘南しぶとい。調子がいいのは東京V、C大阪だけど、湘南相手を残す上位チームはいやですな。まずは土曜の東京V、がみもの。

C大阪 1 - 0 札幌 (19:04/長居/5,578人)
得点者:35' 古橋達弥(C大阪)

札幌大失速は続く。それでもC大阪相手に1失点は今の状態なら上出来か。この後は比較的楽な相手が残っているが、立て直せるか。

徳島 0 - 3 東京V (19:05/鳴門大塚/3,107人)
得点者:4' 廣山望(東京V)、64' 萩村滋則(東京V)、85' ディエゴ(東京V)

徳島、今季フッキ完封を達成。でも負けちゃぁねぇ。

福岡 1 - 1 京都 (19:03/博多球/8,627人)
得点者:2' 森岡隆三(京都)、89' 布部陽功(福岡)

京都もロスタイム弾にドロー。それより驚きは森岡の得点がFKからとは!!

というわけで首位札幌から1試合少ないC大阪までの勝ち点差がわずか7の大混戦。追いつける勝ち点差=残り試合数からいくと、C大阪までが範囲内。今一番勢いにあるのは東京VとC大阪だが、首位札幌はこのあとは比較的下位が多いのが有利。正直ここまできたらもうわかりません

。ただ、東京Vはフッキとディエゴにイエローがいつ出るか、ですよね。ともに累積8枚目なので、2試合出場停止。次節、このところ異常に粘り強い戦い方をしている湘南、勝ちはなくてもイエロー出させそうだよな。

でも、明日は川崎2度目のナビスコ決勝を祈願して、等々力に行く予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/07/2007

天皇杯3回戦水戸ホーリーホック-ツェーゲン金沢

今日は天皇杯3回戦を観に笠松へ。バックスタンド閉鎖で、さらにこの笠松の試合がNHKの中継試合になったため、見慣れぬところに見慣れぬものが。

Kasamatsu_01

よく見えないと思いますが、ゴール裏にTVカメラのやぐらが。さらにメインスタンドも中央で区切られて通行禁止。笠松グルメも今回はサッカー協会主催ということで、なしです。

Kasamatsu_02

水戸1-0金沢

いや、もう、吉本キャプテンのコメントどおりです。内容はありません。ツェーゲンが意図的かどうかわかりませんが、ロングボール主体に攻めてきたことに対して対応が出来てなかった、ということに尽きるかな。中盤で主導権を握ると上手く組み立てられない今年の水戸の課題(前節10人の仙台を崩せなかったり)さらに、サイドアタックが上手く使えない、前線の動き出しが少ない、となれば、上手い戦い方が出来るわけはありません。結果が出たのが唯一の救い。

一方のツェーゲン金沢。元Jリーガーも多く、この試合も個人能力の高さは感じさせました。これで4位になっちゃう北信越リーグってレベルの高さってどんだけ~。特に奈良は良いな。彼って、ホリコシが天皇杯で勝ち進んだときのメンバーですよね。後半は彼のドリブルでの持ち出しが効いてましたよ。あとFWのダニロも速いよなぁ。ただ、速いけどいい体勢でシュートに持ち込む回数は少なかったので、シュート力は正直わかりません。あとはDFかな。水戸にもいた権東が最終ラインの1列前でカバーする形だったと思いますが、まだまだ組織的守備って感じではないですよね。全社でどれぐらい力を発揮できるか、期待しています。

で。天皇杯3回戦はJ2上位4チームが揃って敗退。水曜日に試合があるスケジュールでは、無理はできない、ということでしょう。さて4回戦の組み合わせは??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年は勝ちました。

今年は勝ちました。
辛勝だけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

笠松

笠松
今年最後かな、ここにくるのは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/06/2007

明日は天皇杯

いよいよ明日の天皇杯からJのチームが出場。

2回戦も西が丘に明治大学-ソニー仙台戦を見に行こうかと思ってたんですが見送り。この3回戦、11月の4回戦は観ておこうと思います。で、関東近辺で面白そうなカードは、と。東京V-Hondaとか、湘南-Vファーレンとかも面白そうなんですが、ここは水戸-ツェーゲン金沢にします。JFL2位のロッソ熊本を破った実力やいかに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »