« 心を折ったシュート~ナビスコカップ準決勝第2戦川崎-横浜FM | Main | J2ラスト6 »

10/21/2007

好きです川崎あいのまち~J129節川崎-新潟

すっかりネタチームと化した最近の川崎ですが、今度は「水色バイバイン計画」だそうです。等々力にも告知ポスターがいっぱい。2000年の悔しさを晴らすためにも、まずはリーグ戦、ですね。

071018_tooroki

川崎4-3新潟

  • 試合前に川崎コアゾーンから「川崎市民の歌」の合唱。自治体の歌を歌うのって、山形、とか、水戸とかって印象ですが、他はどうなのかな。なんか聞いたことがあるなぁ、と思っていたら、あ、ゴミ収集車のメロディだ。
  • 新潟出身なので川崎・サブGK相澤の選手紹介で拍手をする新潟サポ。優しい、優しすぎる。
  • 試合のほうは、開始当初から両チーム好不調選手がくっきり。好調さを感じたのは、新潟は矢野、マルシオ、坂本。川崎は、ジュニーニョ、中村、久木野。逆に不調か? 思ったのが、川崎では森(後半3バックにして位置を上げてからは少し良くなりました)、新潟はエジミウソンとシルビーニョかな。
  • 前半は川崎のカウンターが面白いように決まる。新潟の両CBがスピードで振り切られる場面多数。
  • 久木野のふんばりからのゴールには興奮。ころころと転がる間中、「入れ」という念を送ってしまいました。
  • 一方、新潟はセットプレーに可能性を感じまくり。マルシオってすごいね。というわけで、後半セットプレーで追いつかれる展開。
  • ほんと、新潟は今の順位にいるのが納得、という出来。去年の開幕戦で虐殺されたときと比べると、矢野のポストプレーであるとか、千代反田の強さとか、坂本隊長の頑張りとか、チームとしての底上げが感じられました。
  • でも、鈴木監督の交代の遅さは、山形のときと変わらんね。
  • テセの運動量が落ちてきたところで、交代が都倉というのはびっくり。
  • 最後のロスタイムのケンゴのゴール、バックスタンドアウェー寄りから見ると、綺麗に決まったように見えたんですが、GKが触ってたんだね。

川崎は一時期の得点取れない状態からは、脱したかな。ケンゴもだいぶ疲労が取れてきた、ということか。ジュニーニョも復調気味だし、これは、ナビスコも期待できるかな。

|

« 心を折ったシュート~ナビスコカップ準決勝第2戦川崎-横浜FM | Main | J2ラスト6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/16823830

Listed below are links to weblogs that reference 好きです川崎あいのまち~J129節川崎-新潟:

« 心を折ったシュート~ナビスコカップ準決勝第2戦川崎-横浜FM | Main | J2ラスト6 »