« October 2007 | Main | December 2007 »

11/26/2007

ミスと運、若さと経験~J2第51節東京V-愛媛

昨日は今年最後の等々力でしたが、今日は今年最後のJリーグ生観戦。J2全チーム生観戦は今年は、鳥栖が観れずに出来ませんでした。笠松の日曜のナイトゲームってなんだよ、おい。

Img_0880

東京V2-1愛媛

というわけで、愛媛は今年はじめて観ましたが、相変わらずJ2らしからぬいいチームだと思います。J2下位チームは苦しくなると、最終ラインからクリア、悪い言い方すると適当にけってしまうチームが多いのですが、今日の愛媛はそこを我慢強くつなごうという意思は見えました。ただ今日はあまりに中盤でのパスミスが多かったな、と。1点目も大山のパスミスからでしたし、これ以外にもパスミスが多くてたびたび見られてしまい、自分でゲームを難しくしてしまったのは否めません。さらに、本来ストロングポイントである江後がいまいち、だったのが残念。あとは、大山くんがもう少しシュート場面で落ち着いていればドローには持ち込めたのにな。来年も選手はかなり入れ替わる可能性は高いですが、それでもしっかりチームを作ってくるのではないかな、と去年、今年と見た限りは可能性を感じるチームですよね。

一方の東京V。正直スタジアムを包む雰囲気が、仙台戦と比べると昇格を争うチームとしてはぬるくて不安を煽るものだったと思います。それでも、勝ちきれたのは、やはり個々の選手の「経験」なのかなぁ、と正直思います。フッキがいないことで、攻撃の脅威は明らかに落ちていました。船越の高さはものすごい武器だったですが、それを本当に生かしきっていたか? というとちょっと疑問。もっと船越に放り込んで、その近くでディエゴが拾うという形を作れば、もっと攻撃に脅威があったと思います。それでも、やはり1点目を落ち着いて決められたのが大きい。フッキなら当然、なのですが、あそこでディエゴが船越にパスを出し、船越が落ち着いて決めたのは大きかったなと思いますね。まぁシウバのいい形を作るけど枠に飛ばないのは相変わらずでしたが。

京都が仙台に勝ち、C大阪が水戸に敗れて、これで長かったJ2リーグも昇格は3チームに絞られました。得失点差で東京V明らかに優位ですが、ラモス監督含めちょっと雰囲気が緩みすぎかな、とも感じます。まぁ。札幌は次節水戸戦に相当プレッシャーがかかりますので、自動昇格は京都か? 札幌か? わからないかな。

今日の結果で、私のJ2リーグの順位予想も外れてしまいましたね。仙台の昇格がなくなってしまいました、それでも、札幌が昇格争いに絡む、と予想しただけ勘弁ね、という感じ。東京Vは服部がキーマンになるとは予想しなかった。結局名波は貢献度低かったな。来年は東京Vは多分J1で戦うことになると思いますが、フッキがチームに残るか否かで大きく変わりますね。正直今の守備陣でそのまま戦うと、今年の横浜FCの二の舞になる可能性はあると思いますね。あ、ラモス監督が汗かき役のボランチを重視すれば話は別ですが。来年は味スタに行くこともなくなるなぁ、また、三ツ沢に通わなきゃ、と思った今日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/25/2007

川崎にはフロンターレがある~J1第33節川崎-広島

いよいよ今年最後の等々力ホームゲーム。もう優勝は関係ありませんが、ホームで勝つことに意地を見せることの出来るチームに、川崎はなったのではないでしょうか。

川崎3-0広島

川崎の完勝、でした。なにしろ前半は養父がフリーになる場面が多すぎ。1点目も右サイドからの森のクロスを養父がフリーで折り返したもの。フリーならば決定的な仕事が出来ることはよっくわかりましたが、そうしてしまった広島の守備を責めるしかないでしょう。さらに左サイドの久木野もたびたび突破を繰り返す、1点目を決めた大世など、この1年力をつけてきた若手が存分に輝いた試合でした。

一方の広島。これがほんとに降格に追い詰められたチームなの? というくらい淡白に見えました。トップの2人は強い、DFラインだってストヤノフは強い、でも中盤でのプレッシャーが機能しなければ、チームとしては機能しない。川崎の天敵、佐藤寿人は何度も動き出しを繰り返すのだが、そこにタイミングよくボールが入らない。1ボランチの高柳の位置が低すぎて、中盤に穴が開く。これでは、本来ビルドアップの起点を想定して最終ライン域用されている森崎和幸が大穴になってしまうし、穴を開けないようにすれば本来攻撃面で能力を発揮させたい駒野の位置取りが低くなる。実際、久木野にそこを散々突かれてしまいました。追い込まれた今の状況は、奮起して徹底的に中盤でのプレスをかけるきっかけになる、とも思うのですが、そこが淡白。このままでは、入れ替え戦も相当厳しそうです。(ただ多分相手になるだろう京都も個人能力高い割りにグダグダになることが多いちーむですけどね)

一方の川崎。中盤、前線に若い力の成長が感じられた1年であり、チームの総合力の底上げが感じられた1年だった、と思います。ガナハの不調や主力を期待していたフランシスマールが最後まで戦力にならなかった中で、この順位ならば不満はないでしょう。ACLへの参戦、や平均17千人以上の観客動員など間違いなくクラブの力は前進を続けている、し、「川崎にはフロンターレがある」とはっきり言える力がついたと思います。

来年はフッキが戻ってくるかもしれない、ということもありますが、まずは課題であるDF陣の底上げをどうするか、でしょうかね。1年間、楽しませていただいて感謝を送りたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ

味スタ
ちょっと空気がやわらかいなぁ。大丈夫か

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/24/2007

今年最後の等々力

今年最後の等々力
天気いいなあ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/19/2007

今節のJ2

昨日の上位対決予想はもののみごとにはずれでしたね。

札幌2-2京都

いやぁ札幌は勝ちたかったところですよね。ロスタイムまで1点差、はあきらかに今年の札幌の勝ちパターンだったのに。まぁビハインドで鉄壁の4バックを削って若手の攻撃陣で2点取ったのだからしょうがないっちゃ、しょうがないのかな。これで札幌は3位以上確定。京都は次節の仙台との大一番にかけることになります。しかしPK3回って、なんだよ。

仙台2-3湘南

とにかく加藤に脱帽。湘南の1点目、2点目はアンラッキーといえばアンラッキーですが。立ち上がりから加藤、鈴木将太にサイドを制圧された結果としては妥当。ロペスがつぶされるのは当然としても、前線の収まりどころがなかったのが痛かったし、立ち上がりの悪さは今年の悪いときの仙台の典型ですよね。更に千葉がイエローをもらい、残り試合は出場停止。多分京都戦以降は、ジョニウソン、田村、富田といったところでカバーすると思いますが、千葉の読みのよさは効いていただけにどうかな。昨日の記事に書いていた仙台の「勝負弱さ」がまさに出たような試合でしたね。さて、次節京都戦2001年の西京極での最終戦の再現なるか。

草津2-2C大阪

いやぁ、ドローはドローだったけど、こんなに点が入るとはね。カレカの1点目はC大阪の守備の弱さがでたところですよね。SBの上がったスペースから、足元に速いクロスが入ってくると結構厳しい。両CBの間に入ってきたカレカも見事でしたけど。しかしC大阪は痛いな。そして、草津のドロー力、すげー。

全般的に審判大暴れ、みたいな試合が多かったのがちと残念。来週は、今年最後のJリーグ生観戦に、東京V-愛媛戦を観にいく予定。(あ、川崎等々力最終戦もたぶん観にいきます)フッキ抜きの東京Vや、いかに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/18/2007

明日のJ2プレビュー

いよいよ残り3(もしくは2)試合のJ2。今年は例年にない混戦で、非常に面白いです。

札幌-京都

札幌はサイド攻撃の核、藤田が出場停止。西谷が故障ですが、守備陣はほぼ不動。対する京都はパウリーニョが欠場濃厚。札幌はとにかくこの試合勝てば昇格確定ですが、点を取れるかどうかですよね。特に第4クール後半に入ってからは、ダヴィ、中山の2トップに得点が少ない、得意のセットプレーからの点が少ない点が気がかり。対する京都は、加藤監督の不思議采配の当たる確率が50%程度なのが気がかり、ですよね。前節山形戦は何とか勝ちましたが、今回はカトキューイリュージョンが悪い意味ででる、ような気がします。というわけで、ホームの札幌の勝ちかな。更に今日とはイエロー3枚の選手が多いので、特に石井にイエローが出ると次節仙台戦がちょっと困ったことになるんじゃないかな。

仙台-湘南

今年に限って言えば仙台の3勝と、仙台にとっては相性のいい相手。仙台は守ってカウンターのチームより、ポゼッションしつつ、特定の個人頼りではないチームのほうが相性が今年はいいのではないだろうか。福岡、鳥栖(1敗は前節で退場者2名くらった後)、そして湘南に対しては成績がいい。さらに、アジエルが身内のご不幸で出場がわからない、とくれば仙台有利は揺るがないか。不安は、以前にも書いた仙台の勝負弱さ。東京V相手に負けなかったことですこしでもほっとしてるとヤバイ。それでも逆に上位相手の時はさすがに大丈夫かも。というわけで、仙台の勝ちかな。

草津-C大阪

C大阪はアレーに続いてゼカルロスも故障と、レギュラー2人を怪我で欠く状態。守備でもろさが合って両刃の剣のゼカルロスはともかく、アレーの不在は不安かな。でもこのチームはもはや香川のチームなので、多少攻撃力は落ちるかもしれないがそれほど大きな不利はないかも。ただ相手はホームや上位相手に驚異的なドロー力を誇る草津。攻撃力が少し落ちるだろうことがどうでるか。スコアレスドローかなぁ。

一方のJ1残留争い。広島がとにかく残り試合相手が厳しいな。甲府も最後のフィニッシュを決める選手がいない問題が解決していないし。どうも入れ替え戦は広島かなぁ。もし、仙台-広島、に入れ替え戦がなった場合、ユアスタは寿人をどうむかえるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/11/2007

死闘の末のドロー~J2第49節東京V-仙台

いよいよクライマックスが近づいてきたJ2リーグ戦。今年最後の仙台生観戦に味の素スタジアムへ。ここのところ状態の悪い味スタの芝が心配でしたが、思ったほどではなかったな。

Img_0877

東京V1-1仙台

  • 両チームとも2週間間隔を空けた試合でしたが、そのせいか東京Vの前半の入りが悪かった、な。
  • 仙台は格別いいとも思わなかったし、試合を通じでやや守備重視。ロングボールを使い万代に当てながら組み立てる展開。
  • これが前半は見事にはまってしまったわけで。1点目のリャンのミドルシュートも万代のキープから。
  • 一方の東京Vは前半は2ライン気味で中盤でのボールが収まらず、ほとんど形を作れず。
  • フッキのイエローはやむなし。あそこで中島のマークにフッキが行かざるを得なかった、周りの選手を責めるべき。
  • 後半は、東京Vが中盤の位置取りを修正。逆に仙台の両ボランチが最終ラインに吸収され気味になり、防戦一方に。
  • よく1点ですんだなと。林は神、だったな。
  • ロスタイム万代の決定機には思わず腰が浮いてしまいました。
  • あとは菅井が攻め上がりをよく我慢したな、と。
  • 仙台にとって最大のアゥエイの洗礼は、味スタの芝に滑ってもらってしまった万代のイエローかも、ね。

内容的にはドローは妥当でしょう。フッキは残り2試合出場停止。フッキ抜きの東京Vは今年1勝1分2敗。更に、ここのところメンバーを固定しているので、誰を使うか、ですよね。愛媛はジャイアントキリング得意のチームなので、まだまだ安泰とはいえないなぁ。最終節C大阪戦は言うに及ばず、ですよね。

仙台は自力での2位以内がなくなりましたが、残り全部勝てば3位の確保は可能。更に、東京Vのフッキ不在、札幌-京都の直接対決が残っていることから、まだまま悲観する必要はない。万代の不在も、万代抜きの状態での慣れもあるから、そこまでの不安はないでしょう。

さらに今日札幌が鳥栖に負けて、ますます混戦に拍車がかかってしまいました。さて、どうなるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/10/2007

いっぱい

いっぱい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

J2天王山プレビュー~東京V-仙台

正直これだけ混戦だと残り5試合はどこかで必ず天王山なわけですが、今日は東京V-仙台。

去年もリーグ終盤に国立でこのカードはあったわけですが、両チームとも正直昇格争いに加わりきれない状態だったので、盛り上がりに欠けました。今年は2位、3位かつ2位にいる東京Vが1試合残り試合が少ない状態での勝ち点差5というまさに勝負どころのカード。

東京Vは、よく序盤の連敗から立て直したな、と。「戦術フッキ」などといわれていますが、そのフッキの破壊力はJ1を合わせてみても相当なものであり、十分それで勝てる、作戦なわけです。正直あれだけの実績のある選手をそろえれば、これくらいはまぁ不思議ではないわけで、ようやく額面に近い力を発揮できるように監督、コーチも戦術を確保できたのかな、と。

一方の仙台。開幕戦を見たときは、東京Vとは逆に内容がとにかく良くて、選手の額面以上の力を発揮していたと思います。中盤はさすがに長いJ2リーグ、相手チームに研究されて調子が落ちましたが、岡山の補強、や、ボランチ、ディフェンスラインの選手の入れ替えで守備面を建て直しここまで来ました。仙台、というチームは勝負弱いという印象が強いのですね、私は。昇格した2001年でさえ、あと1勝で昇格という終盤間際、当時下位に低迷していた甲府(!)、鳥栖に連続して負けるという、実にとんでもないことをしてくれた実績があるわけです。(当時仙台に住んでいた私としては、実にがっかりしたし、まぁそれだけ最終節っ京都戦での財前のゴールは鳥肌ものだったわけですが)それが今年は、ここまで勝負どころのC大阪、福岡戦で1点差の勝利、でこの東京V戦を迎えるにいたった、と。

そういうわけでいやがうえにも注目のカード。正直いかに好調仙台守備陣とはいえ、フッキ、ディエゴ、さらにいえば多分起用されるであろう廣山を完全に抑え込むのは厳しいでしょう。むしろ、打ち合いに持ち込む位の展開なら、仙台にも勝ちがあるかな、と。堅いようで東京V守備陣、早めのサイドからのクロスを易々と許すとか、スピード勝負で裏を狙われたら、CBはファウルで止めにかかるとか、隙はなくはないと思いますね。

まぁ、いずれにしても大一番。現地でよく見てみたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/04/2007

J2ラスト4

今週はナビスコ決勝と天皇杯でJリーグはお休み。ナビスコは川崎の敗退に終わったが、スターティングメンバーから川崎のプレイヤーの気持ちが守りに入ってしまったのかな、と。監督は難しいね。

というわけでJ2.先週東京Vドロー、京都敗戦ということで、仙台に自力2位の可能性が再び戻ってきた。いよいよ来週東京V-仙台の大一番、だが、正直ここまで仙台が粘るとは思わなかった。C大阪、福岡どちらかはドロー以下かな? と思っていたんですが、香川、アレックスの出場停止という幸運もあり、両試合とも勝利。攻守のバランスという意味では非常にいい状態なので、東京V戦いい試合が出来るかなぁ、と思います。個人的期待は、中島。そろそろ点が入りそうな予感。

一方の東京V。草津相手に連勝が止まったが、最大の心配であるフッキ、ディエゴの出場停止はまだない。草津線は守備でややもろさを見せた印象だが、これが単に疲労によるものなのか、それともビミョウにバランスが崩れてきているのかはどうも判断しづらいところ。両SBの攻撃参加が非常に少ない、ので、実は打ち合いに持ち込まれると弱いのかな。どうせ、フッキは止められない、1点、2点は覚悟の上で、運動量勝負に持ち込まれると苦しいかも。ホンとは廣山がそこらへんのバランスをとってくれるんだけど、ラモス監督、90分使うほど信用してないからなぁ。仙台戦よりも愛媛戦の方が怖いかも。

京都は、監督交代以降3トップに変更したけど、これがどうでるか。両SB高め、3ボランチ、3トップって去年のサンタナ仙台、だよな。ここはパウリーニョがどうも当たってないのが気になりますね。

C大阪はとにかく香川がいれば強い。でもなんか世代別代表なんかに呼ばれてるし。とにかく勝つしかないわな。

札幌はよほどのことがない限り大丈夫かな、と。鳥栖にドロー以上でまぁ大丈夫かな。でも、鳥栖に負けると、次節京都戦が大一番になりますね。

なんにせよ、ここまで混戦では下位チームの踏ん張りもふくめよくわからん。どうなるかねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »