« 味スタ | Main | ミスと運、若さと経験~J2第51節東京V-愛媛 »

11/25/2007

川崎にはフロンターレがある~J1第33節川崎-広島

いよいよ今年最後の等々力ホームゲーム。もう優勝は関係ありませんが、ホームで勝つことに意地を見せることの出来るチームに、川崎はなったのではないでしょうか。

川崎3-0広島

川崎の完勝、でした。なにしろ前半は養父がフリーになる場面が多すぎ。1点目も右サイドからの森のクロスを養父がフリーで折り返したもの。フリーならば決定的な仕事が出来ることはよっくわかりましたが、そうしてしまった広島の守備を責めるしかないでしょう。さらに左サイドの久木野もたびたび突破を繰り返す、1点目を決めた大世など、この1年力をつけてきた若手が存分に輝いた試合でした。

一方の広島。これがほんとに降格に追い詰められたチームなの? というくらい淡白に見えました。トップの2人は強い、DFラインだってストヤノフは強い、でも中盤でのプレッシャーが機能しなければ、チームとしては機能しない。川崎の天敵、佐藤寿人は何度も動き出しを繰り返すのだが、そこにタイミングよくボールが入らない。1ボランチの高柳の位置が低すぎて、中盤に穴が開く。これでは、本来ビルドアップの起点を想定して最終ライン域用されている森崎和幸が大穴になってしまうし、穴を開けないようにすれば本来攻撃面で能力を発揮させたい駒野の位置取りが低くなる。実際、久木野にそこを散々突かれてしまいました。追い込まれた今の状況は、奮起して徹底的に中盤でのプレスをかけるきっかけになる、とも思うのですが、そこが淡白。このままでは、入れ替え戦も相当厳しそうです。(ただ多分相手になるだろう京都も個人能力高い割りにグダグダになることが多いちーむですけどね)

一方の川崎。中盤、前線に若い力の成長が感じられた1年であり、チームの総合力の底上げが感じられた1年だった、と思います。ガナハの不調や主力を期待していたフランシスマールが最後まで戦力にならなかった中で、この順位ならば不満はないでしょう。ACLへの参戦、や平均17千人以上の観客動員など間違いなくクラブの力は前進を続けている、し、「川崎にはフロンターレがある」とはっきり言える力がついたと思います。

来年はフッキが戻ってくるかもしれない、ということもありますが、まずは課題であるDF陣の底上げをどうするか、でしょうかね。1年間、楽しませていただいて感謝を送りたいと思います。

|

« 味スタ | Main | ミスと運、若さと経験~J2第51節東京V-愛媛 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/17190367

Listed below are links to weblogs that reference 川崎にはフロンターレがある~J1第33節川崎-広島:

« 味スタ | Main | ミスと運、若さと経験~J2第51節東京V-愛媛 »