« 川崎にはフロンターレがある~J1第33節川崎-広島 | Main | とりあえずJ2終幕 »

11/26/2007

ミスと運、若さと経験~J2第51節東京V-愛媛

昨日は今年最後の等々力でしたが、今日は今年最後のJリーグ生観戦。J2全チーム生観戦は今年は、鳥栖が観れずに出来ませんでした。笠松の日曜のナイトゲームってなんだよ、おい。

Img_0880

東京V2-1愛媛

というわけで、愛媛は今年はじめて観ましたが、相変わらずJ2らしからぬいいチームだと思います。J2下位チームは苦しくなると、最終ラインからクリア、悪い言い方すると適当にけってしまうチームが多いのですが、今日の愛媛はそこを我慢強くつなごうという意思は見えました。ただ今日はあまりに中盤でのパスミスが多かったな、と。1点目も大山のパスミスからでしたし、これ以外にもパスミスが多くてたびたび見られてしまい、自分でゲームを難しくしてしまったのは否めません。さらに、本来ストロングポイントである江後がいまいち、だったのが残念。あとは、大山くんがもう少しシュート場面で落ち着いていればドローには持ち込めたのにな。来年も選手はかなり入れ替わる可能性は高いですが、それでもしっかりチームを作ってくるのではないかな、と去年、今年と見た限りは可能性を感じるチームですよね。

一方の東京V。正直スタジアムを包む雰囲気が、仙台戦と比べると昇格を争うチームとしてはぬるくて不安を煽るものだったと思います。それでも、勝ちきれたのは、やはり個々の選手の「経験」なのかなぁ、と正直思います。フッキがいないことで、攻撃の脅威は明らかに落ちていました。船越の高さはものすごい武器だったですが、それを本当に生かしきっていたか? というとちょっと疑問。もっと船越に放り込んで、その近くでディエゴが拾うという形を作れば、もっと攻撃に脅威があったと思います。それでも、やはり1点目を落ち着いて決められたのが大きい。フッキなら当然、なのですが、あそこでディエゴが船越にパスを出し、船越が落ち着いて決めたのは大きかったなと思いますね。まぁシウバのいい形を作るけど枠に飛ばないのは相変わらずでしたが。

京都が仙台に勝ち、C大阪が水戸に敗れて、これで長かったJ2リーグも昇格は3チームに絞られました。得失点差で東京V明らかに優位ですが、ラモス監督含めちょっと雰囲気が緩みすぎかな、とも感じます。まぁ。札幌は次節水戸戦に相当プレッシャーがかかりますので、自動昇格は京都か? 札幌か? わからないかな。

今日の結果で、私のJ2リーグの順位予想も外れてしまいましたね。仙台の昇格がなくなってしまいました、それでも、札幌が昇格争いに絡む、と予想しただけ勘弁ね、という感じ。東京Vは服部がキーマンになるとは予想しなかった。結局名波は貢献度低かったな。来年は東京Vは多分J1で戦うことになると思いますが、フッキがチームに残るか否かで大きく変わりますね。正直今の守備陣でそのまま戦うと、今年の横浜FCの二の舞になる可能性はあると思いますね。あ、ラモス監督が汗かき役のボランチを重視すれば話は別ですが。来年は味スタに行くこともなくなるなぁ、また、三ツ沢に通わなきゃ、と思った今日でした。

|

« 川崎にはフロンターレがある~J1第33節川崎-広島 | Main | とりあえずJ2終幕 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/17191894

Listed below are links to weblogs that reference ミスと運、若さと経験~J2第51節東京V-愛媛:

« 川崎にはフロンターレがある~J1第33節川崎-広島 | Main | とりあえずJ2終幕 »