« いっぱい | Main | 明日のJ2プレビュー »

11/11/2007

死闘の末のドロー~J2第49節東京V-仙台

いよいよクライマックスが近づいてきたJ2リーグ戦。今年最後の仙台生観戦に味の素スタジアムへ。ここのところ状態の悪い味スタの芝が心配でしたが、思ったほどではなかったな。

Img_0877

東京V1-1仙台

  • 両チームとも2週間間隔を空けた試合でしたが、そのせいか東京Vの前半の入りが悪かった、な。
  • 仙台は格別いいとも思わなかったし、試合を通じでやや守備重視。ロングボールを使い万代に当てながら組み立てる展開。
  • これが前半は見事にはまってしまったわけで。1点目のリャンのミドルシュートも万代のキープから。
  • 一方の東京Vは前半は2ライン気味で中盤でのボールが収まらず、ほとんど形を作れず。
  • フッキのイエローはやむなし。あそこで中島のマークにフッキが行かざるを得なかった、周りの選手を責めるべき。
  • 後半は、東京Vが中盤の位置取りを修正。逆に仙台の両ボランチが最終ラインに吸収され気味になり、防戦一方に。
  • よく1点ですんだなと。林は神、だったな。
  • ロスタイム万代の決定機には思わず腰が浮いてしまいました。
  • あとは菅井が攻め上がりをよく我慢したな、と。
  • 仙台にとって最大のアゥエイの洗礼は、味スタの芝に滑ってもらってしまった万代のイエローかも、ね。

内容的にはドローは妥当でしょう。フッキは残り2試合出場停止。フッキ抜きの東京Vは今年1勝1分2敗。更に、ここのところメンバーを固定しているので、誰を使うか、ですよね。愛媛はジャイアントキリング得意のチームなので、まだまだ安泰とはいえないなぁ。最終節C大阪戦は言うに及ばず、ですよね。

仙台は自力での2位以内がなくなりましたが、残り全部勝てば3位の確保は可能。更に、東京Vのフッキ不在、札幌-京都の直接対決が残っていることから、まだまま悲観する必要はない。万代の不在も、万代抜きの状態での慣れもあるから、そこまでの不安はないでしょう。

さらに今日札幌が鳥栖に負けて、ますます混戦に拍車がかかってしまいました。さて、どうなるか。

|

« いっぱい | Main | 明日のJ2プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/17044240

Listed below are links to weblogs that reference 死闘の末のドロー~J2第49節東京V-仙台:

« いっぱい | Main | 明日のJ2プレビュー »