« J1J2入替戦第1戦、京都勝利 | Main | 先週までのJ2動向 »

12/09/2007

J1J2入替戦第2戦、スコアレスドローで京都昇格決定

昨日のJ1J2入替戦第2戦をもって、2007年のJリーグは全日程を終了。第2戦スコアレスドローの結果を受け、京都の3度目のJ1昇格、広島の2度目のJ2降格が決定した。前半は完全に広島ペース。駒野の突破を中心に何度も決定的なチャンスを作るが決めきれず。後半京都はDFを4バックにして押し返し、途中からアンドレを投入し「守りではなく攻撃」を選択。アンドレの1対1のチャンスなど惜しい機会もありながら決めきれず。一方の広島も必死に押し返すが、最後は槇野のオーバーヘッドがポストをはじき、ジ・エンド。2002年以来2度目のJ2降格となってしまった。

この入替戦、京都の出来がよかった、とは決して思わない。エースであるパウリーニョの動きは怪我明けということもあり、本来のパフォーマンスではなかったし、アンドレもいまいち。それでも、加藤監督の「攻め」の選手起用もあり、勝ちたい、という気持ちは明らかに広島を上回っていた。短期決戦を勝ちきる絶対的な条件は、京都の方にあった、といえるでしょう。

対して広島。選手の顔ぶれを見れば、なぜこの位置にいるのか? というメンバーだが、絶対的に勝負強さが不足。第2戦になってようやく必死さが垣間見えたものの、「いいサッカー」をしているが「勝てるサッカー」ではなっかた、ということか。中盤から後ろのタレントが揃い、ゴール近くまではボールを運べるが、そこから先は個人能力プラス気持ち。ここの部分で今年の広島はもの足りなかった、といわざるを得ない。ウェズレイの不調がいたかったのだろうな。それにしても、広島はいい選手を育てるのに、「いいチーム」を作れないなぁ。どうも、フロントはペトロビッチ監督に続投してもらいたいようだが、来年戦うJ2は理想だけでは絶対に勝てないリーグ。今年のように極度に勝てないときでも、2トップを入れ替えない、とか、森崎和の3バックの起用をあきらめない、といった、硬直した采配を振るうミーシャで勝ちきれるかは甚だ疑問。3回戦制になるので、個人能力の差が出やすくはなるけど、どうかな。1回経験してるから知ってると思うんだけどなー。

今西さんがフロントを勤めるFC岐阜が来年からJ2昇格とは、あまりにも広島にとっては皮肉、だな。

|

« J1J2入替戦第1戦、京都勝利 | Main | 先週までのJ2動向 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/17325260

Listed below are links to weblogs that reference J1J2入替戦第2戦、スコアレスドローで京都昇格決定:

« J1J2入替戦第1戦、京都勝利 | Main | 先週までのJ2動向 »