« 今年のJ2の注目点その2~昇格チームはどうなる | Main | 今年のJ2の注目点その4~個人的な注目チーム »

03/05/2008

今年のJ2の注目点その3~J1から移籍した外国人の活躍は?

今年は、才能のある若い外国人がJ2に移籍してきた。山形のリチェーリと徳島のドゥンビア。両選手とも4人目の外国人であったため、出場機会は少なかったが、出場すれば共にスピードを生かした魅力あるプレーを見せてくれていた。この才能が、J2リーグで出場機会を得て、チームの上位進出に貢献できるか、よりいっそうの成長を見せてくれるか非常に楽しみ。

このような移籍の最大の成功例は、間違いなくフッキ、だろう。1年目の川崎でのフッキは、スピードとパワーに非凡なものをJ1でも見せていたが、まだまだ荒削りであり、ジュニーニョやマルクス、アウグストを押しのけてレギュラーをとるには至らなかった。それを同じJ1ではなく、J2にレンタル(札幌、東京V)することにより成長し、今年から川崎に復帰した。

このような移籍が行われる理由は、Jリーグの規約のせい。原則外国人登録は3人までだが、C契約の場合は5人まで登録可能である。逆に言えば、C契約の外国人が20歳以上になると、そのまま保有するにはいままで契約していた外国人選手を入れ替えなければならない。実力が確かなものであれば問題ないが、まだ力不足と判断した場合には契約解除を迫られる。ならば、伸び代が見込める選手はレンタルをして、成長を見極めるということになってきた、ということだろう。日本人にも3年たつとA契約に以降する必要があり、この制度を上手く利用して、選手層の厚いJ1チームから潜在能力のある若手選手をレンタルで獲得しているのが、愛媛、である。今年のリチェーリ、ドゥンビアの移籍は、この外国人版だといえる。

個人的注目は、ドゥンビア。とにかく身体能力がすごい。徳島のチーム力を考えると、どれくらい彼のところにボールが集まるか、だが、経験をつめば、とにかく伸びそう。どれぐらい点取るか、な。

|

« 今年のJ2の注目点その2~昇格チームはどうなる | Main | 今年のJ2の注目点その4~個人的な注目チーム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/40376362

Listed below are links to weblogs that reference 今年のJ2の注目点その3~J1から移籍した外国人の活躍は?:

« 今年のJ2の注目点その2~昇格チームはどうなる | Main | 今年のJ2の注目点その4~個人的な注目チーム »