« 試合終了 | Main | J2第2節予想 »

03/09/2008

新生水戸を見せられたか?~J2第1節水戸-C大阪

というわけで今年のJ2生観戦第1戦目として、笠松に行ってきました。

水戸0-2C大阪

水戸は監督交代した初戦。果たして「新生水戸」は見せられたのか、といと、その片鱗は確かに感じられたのですよ。この開幕戦、C大阪がピークの出来には程遠いということは割り引いても、相当攻め込んだし、形を作れたのではないか、と。特に4バックのバランスをとった攻守の切り替えとか、中盤からのアグレッシブな守備、とか、大きなサイドチェンジを効果的に盛り込むとか、この辺はだいぶ垣間見えたように思います。去年までの攻撃の核であった金澤をSBに下げるということは、下手するとまたドン引きに戻ってしまう危険性もはらんでいたと思いますが、しっかりFWに当てて、中盤で拾うという部分が出来ていたので、この形でもう少しオプションを増やしていく、ということなのかな、と思います。

後は、荒田、ですね。シュートに持っていくところなぞ、いかにもストライカーらしいストライカーですな。今日は得点を挙げることは出来ませんでしたが早いうちに1点取ることが出来れば。。。という期待は持てる存在ですな。

一方、堀、赤星、菊岡、小澤といった新加入選手は、それぞれ個性を見せたものの、まだまだチームとして機能しているかについては、改善の余地があるのでは、と思いますね。今節では前半のうちにジェルマーノが退場したため中盤の主導権が握れましたが、11対11の中で同じように出来るか?? で見極めていかなければならないでしょう。

C大阪は、古橋もいないし、カレカもフィットしていない感じで、チームとしてはまだまだ。それでも個の力、香川で勝ち点を拾ったことは、結果良し、でしょ。でも、前半からの水戸優位の時間を救っていたのはやはりジェルマーノ。彼がいない試合はどうなるか、次節は一つの見所でしょうね。

そして、この試合は大怪我をした大和田の復帰線でもありました。吉本や小椋が抜けたことで、大和田は水戸を象徴するような選手になる必要があるわけで。終盤パワープレーで前線に上がり、試合後倒れこんだ彼の姿は、そうならんとする気持ちは見えたような気がします。

|

« 試合終了 | Main | J2第2節予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/40444303

Listed below are links to weblogs that reference 新生水戸を見せられたか?~J2第1節水戸-C大阪:

« 試合終了 | Main | J2第2節予想 »