« May 2008 | Main | July 2008 »

06/21/2008

みとひろしま

みとひろしま
予想外に晴れてる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/08/2008

とくしません

とくしません
ドゥンビアみたかったな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/01/2008

第2クールに入ったJ2

今日は久々にJ2を生観戦。感想は、まぁ前半横浜FCはグダグダだったな、と。正直スコアほどのチャンスは両チームとも作れていなかったけど、中盤センターで山形は良くがんばったな、というゲームですかね。

で、今年生観戦できたのは、水戸、C大阪、横浜FC、鳥栖、仙台、熊本、山形の7チーム。まだ半分も行ってないのか。で、ここまでの各チームに対する感想の備忘録。

<仙台>

ロペス、萬代が抜けた割には良くやっている。ただここに来て、持ち前の勝負弱さが見えてきているのが気になるところ。引分が多い、だよな。菅井の離脱も痛いし。ただ、イエローが少ないのは好材料。あとは化ける選手がいれば、だな。

<山形>

ここのところ好調。豊田とか、渡辺匠とかけが人が多いのに、よくやってますね。組織のオーガナイズは出色。安定はしているけど、あとは上位陣に勝ちきる力、か。

<水戸>

成績は出ていないけど、指向しているサッカーはわかる。ただそれがまだ力になっていないな。広範囲なればもう少し上積みできれば良いんだけど。あ、荒田は実にストライカーらしいストライカーで、これは水戸らしくない選手です。注目。

<草津>

島田復帰で期待はしたけど、ちょい消化不良かな。それでもこの間の広島戦は気持ち見せてたな。

<横浜FC>

一番わけのわからないチーム。都並さんにしては出だしが良かったのは驚きでしたが、攻撃のオプションがアンデルソンと三浦淳のFKでは、今後厳しいかも。アンデルソンは1人で行ったほうがいいタイプなので、チームが出来てくると逆に苦しいかも。難波に期待かな。

<湘南>

引分が極端に少ない。予想外に失点が多い。守備の整備が、上位キープには必要か。リンコンの使い方をどうするのか、な。

<甲府>

J1にいたときとやってることのクオリティーは変わっていないと思います。でも。J2でもそれだけで勝ちきる、というわけにはいかない、ということではないでしょうか。多分いまのままでも、J1行ってもケチョンケチョンってことはないと思います。だからこそ、問題は解決するのがむすかしいのではないでしょうか。

<岐阜>

正直驚き。片山があんなに点を取るとは思わなかった。サイドにいい選手(高木、梅田)がいるのは強みですよね。

<C大阪>

徐々に安定して選手の個人能力に見合った成績が出てきました。小松の復調は大きいな。下位にはまず負けない、という雰囲気があるのは利点。ただ今年はジェルマーノがかなりイエローもらっているので、終盤には彼抜きで戦う、という局面がかなりでてきそう。そのときどうするか。

<広島>

いや、強いですよ。ストヤノフは反則。非情に能力の高い外国人DFというのはJ2にここのところいなかったので、各チーム対応の仕方が良くわからない、というのはあると思いますね。ただ得点能力はそれほどでもないな、という印象。結構槇野が点取ってるしな。

<徳島>

とにかくドゥンビアは異次元。米田とかいい選手がいるのになぁ。

<愛媛>

いつも後半になると、チームが出来てきてよくなるのですが、ことしはどうか。横山、荒っぽすぎるよ。山形のときと変わらんな。

<福岡>

いやぁここまでずたずたになるとは予想外。ここにきて調子が上がってきているので、個人能力の高さを考えると、上位チームにとっては脅威、かな。

<鳥栖>

あいかわらず頑張っている。結構ミドルシュートも決まるしね。でもほんとに昇格争いに絡んだときに、ベテランがいない、経験値の不足が、響くかもな。

<熊本>

けが人が多いのが苦しい。高橋はすごい。

てなもんで。今年のJ2は下位チームでも、つないで組み立てよう、前からプレスかけようという意識が高いのが特徴かな。そのために、広島の好成績を許してしまっている、ともいえるのでは。引きこもり、カウンターを徹底されると、広島、C大阪といえど、苦戦は必至。今年は3クール制なので、どこかでそういう戦術に変更するチームが出るかどうかで、上位2チームの成績に影響するかも。ちょっとC大阪までは抜け出し気味なので、各チームの奮起に期待します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »