« みとひろしま | Main | みとやまがた »

07/07/2008

2008 J2折り返し

前々節で長いJ2も折り返し。酷評もされましたが、3月にやった個人的順位予想と比較してみる。

最大差は岐阜の+6。次が甲府の-5、でした。いや、岐阜は驚き。前節も2位と好調の山形を破り、守備の安定を図りつつありますね。あとは、個人的期待を下回っているのは湘南か。ここのところ去年までの堅守が影を潜めているのが気になります。サイドバック、ですかね。

一方ピタリ賞は山形。開幕前に期待していた「日本人ストライカーの成長」が長谷川で現実になりつつあるのが大きい。背が高い割に足元が上手い、という意味ではC大阪の小松と双璧かもね。石川の正確なロングパスも効いてるな。でも、結構適当にスペースにけるのは相変わらずのような。(あ、怒らないで)この辺が今は上手く回っていますが、マークがきつくなってどうなるか。

広島はね、水戸戦みました。うまいです、みんな。当たり前の止める、蹴るのレベルがみんな高い。だからボールを失わない、イコール失点をしない。でも、勝ちが遅い、って感じですよね。攻撃が遅いように感じましたよ。この時点であの勝ち点差ならまず昇格は堅いか? とも思いますが、徐々に点が取れなくなるかも、その辺で足をすくわれなければね。

C大阪は苦しんでますよね。やっぱり、ジェルマーノ、アレーなわけですよね。キーは。そのキーマンが出場停止や怪我で出られない試合が多い。この辺今後どう整えてくるかでしょうね。

あとは仙台。前節愛媛戦は今年初めてと言ってもいいくらいのひどい出来。山形戦の0-3も序盤は上手く運べてましたからね。補強はFW、FWという声も大きいようですが、むしろ問題は中盤の底では? ここの展開力、突破力、守備力が弱い、と思いますね。今指向しているスタイルは底がホンとは鍵なのに。梁が真ん中できれば、展開力といい、前線への入り込み方といい理想的ですが(そうすればサイドに佐藤や飛弾が使える)、彼が真ん中やってる時は結果がついてきていない。もう少し、読みなどで守備力が上がれば、ケンゴのような役割が出来るのではと思いますが。この辺が監督も悩みの種なのでしょうね。

何にせよ、草津の健闘などで2位グループが大混戦。3連勝、4連勝すればあっという間に順位は上がる。この状態がしばらくは続くかなぁ、と。

|

« みとひろしま | Main | みとやまがた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/41766804

Listed below are links to weblogs that reference 2008 J2折り返し:

« みとひろしま | Main | みとやまがた »