« July 2008 | Main | September 2008 »

08/16/2008

手倉森監督を擁護する

東北ダービー負けたタイミングででこういうことをいうと非難轟々のような気もしますが、まぁいいや。言ってしまえ。

「仙台の手倉森監督は、悪くない」

誤解してもらいたくなのは、決して「いい監督」といってるわけではないのです。でも、チーム力通りの力は出している、と思う。

ここまでの手倉森監督の采配を私なりに分析すると、こう、です。

  1. 守備が出来ない選手は使わない。ポゼッション重視、個人能力に頼らず組織力重視、で個々人の成長を待つ、と。
  2. でも、チャンスはなるべくあたえる。ここまで全く試合に出していないのは、GKシュナイダー、関、DFはとりあえず全員使っている、MFでは、三澤、金子、FWは鈴木、富山と6人だけ。
  3. ただし、使った試合で結果を、勝利につながらなかった選手は、継続しては使わない。平瀬も当初は途中出場ばかりだったのが、勝利につながってからレギュラーに。一柳、富田、なんかもその口かな。
  4. 守備が出来なくても突出した一芸を持っている選手は、ベンチ入り。これは佐藤由紀彦のクロス、とか、中原のヘッドとか、ですよね

とまぁこんな采配ではないかな、と。これって別に不思議な采配ではないと思いますよ。森崎和幸をリベロに使い続ける監督とか、アレーに粘着してる監督とか、J2上位でも不思議な采配をしてる監督はいろいろいますよね。それに比べて特別ひどいとは思いません。

仙台系のブログを見ると、宮沢、飛弾、西山をなぜ使わない?? という意見が多いようですが、宮沢は大分でもレギュラーを確保できなかった選手であり、センターで使うには、守備に不安が大きい、と思います。チャンスを与えた熊本戦でも勝利に結びつかなかった、この点で2年目の永井に比べアドバンテージを与えなかった、ということではないか、と思います。個人的な意見を言えば、宮沢は、リャンのバックアップという位置づけだと思います。西山、飛弾について言えば、川崎で森が来る前の右サイドのレギュラーを取れなかった選手。今の状態を見れば急激な伸びがあったとは正直言えないでしょう。

というわけで、総合的にはチームの総合力を、そのまま反映するだけの采配は出来ている、と判断します。では、成績が上がらないのはなぜか。一つは、彼の戦術的判断の拙さという面は確かにあると思います。でもこれは、去年の望月監督もなかったし、山形の小林監督にもあるとは思いません。小林監督は守備のオーガナイズという面では出色ですが、攻撃の面ではさほどではない。では小林監督がよく見えるのはなぜか、というと、若手の成長があるから。具体的に言えば、長谷川悠、石井、秋葉、佐藤健太郎、この4人ですよね。特に長谷川が去年から考えられないくらい安定しているのは大きい。これはちょっと監督の能力を超えたところ、というべきだと思います。

対して、仙台は、開幕戦のレギュラー11人を脅かすような若手の成長が今のところはない。チャンスは与えているのですが、結果に結びつくにいたっていない。

加えて、主力としてもう一段レベルを上げてほしい、中島、リャン、関口が、まだまだ「試合を決定付けることの出来る」選手にはなりきっていない、と。確かにJ2レベルではいい選手なのですが、もう一皮むけないと、チームの総合力はあがらない。彼らは「よくやっている」では正直済まないレベルの段階に差し掛かりつつあるわけですよね。この停滞が監督のせいか?? というと正直よくわからないわけです。

以上の観点から、手倉森監督に対する私の評価は「チーム力なりの成績は残している」ので及第点、という結論になります。ただし、今日の東北ダービーも内容はいいのにおとしているので、もう一ついえば「運はあまりない」監督ということにでもなるでしょうか。でも、肝心なところの勝負弱さはもはや仙台の体質、に近いものがあります。そこまで、監督のせいにするのは酷なような気がします。

以上は一つの見方であり、別な見方はもちろんあるでしょう。でも全て監督のせいにしては、クラブは前に進めない。山形もギリギリの戦いで、決して余裕があるとは思えません。まだまだ、今年の昇格に今のままでもチャンスがある、と思います。昇格には運も、確実に必要です。その運は、どのチームにあるのでしょうか。そこを注目していきたい、と思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/10/2008

J2第2クール終了

今日でいよいよJ2も第2クールが終了。いつも第4クールまであるのでなんか変な感じだなぁ。

またまた開幕前の自分の予想との比較で恐縮ですが、ピタリ賞は、山形、湘南、仙台、草津、横浜FC、愛媛の6チーム。最大順位差は5で、鳥栖が私の予想より上に5.あとはC大阪が予想より下に5ですね。

正直2位争いがこんなに大混戦になるとは予想外。山形がとりあえず2位ですが、勝ち点奪取率(勝ち点÷(試合数×3))は60%をきっており、いままでの実績から言うとかなり低い。実際3連敗をしたりしているわけで、レベル自体は決して高いわけではない、といえるのかなと。もちろんそれは下位のチームのレベルアップということは言えるわけですが。

その中で山形が2位にいるのは、長谷川の成長、ということに尽きる、でしょう。石川のクロスが生きるのも、秋葉の押上げが効くのも、長谷川が安定しているからだと思います。第3クールも引き続き安定したパフォーマンスが発揮できるか? ここにクラブ史上初めてのJ1昇格はかかっているのではないかな? と思います。とりあえず第3クール最初の東北ダービー、これを勝ちきれるかどうか、にまずはかかっているかなぁ、と思いますね。あとは苦手にしちゃっている岐阜戦、かな。

一方、C大阪。選手が揃わないのが苦しい。香川があんなに代表に抜かれてしまうというのは、正直想定外ではなかったか、と思います。あとは警告による出場停止、怪我の選手が多い。古橋も復帰したと思ったら、また怪我ですからね。ジェルマーノ、香川がいないとかなり戦力が落ちる。その意味でとりこぼしが多かったのかなぁ、と。でも地力はあるので、いかにベストメンバーで戦える試合数が多くなるか、ですか。

鳥栖は、正直レベルの高くない2位争いに助けられている面は大きいと思います。とにかく全員守備、でよく戦う、いいチーム。でも、昇格するにはあともう一つ、二つ決め手がほしい。藤田、だけではなく。

湘南はよくここまで息を吹き返してきたなぁ、というのが正直な感想。ここにきて菊地がラッキーボーイになっているのは大きいですよね。ただ、守備の建て直しができるか、ここに尽きるかなぁ、と。リンコンをきったのは、個人的には開幕前の心配が当たってしまったな、という感想ですが。

あとは仙台。多分2位争いに絡んでいるチームで一番効果的な補強をしていると思います。斉藤の能力は間違いなく保障つき。後はナドソンが、横浜FCの昇格時のアレモンの役割をできるか、どうか。監督の能力を疑問視する声も多々見かけますが、私は、手倉森監督については、可もなく不可もなく、だと思います。というか、むしろ良くやっているほうかな,、と。これはまた別の機会にでも。

最後に、広島。第2クール終わった時点での勝ち点奪取率 77%は2004年の川崎並み。昇格はまず大丈夫かな、と。とにかく穴がない、というのが強みですよね。ただし超人的な能力の持ち主はあまりいない。引いてカウンター、を徹底するチームがない、強力な外国人FWを持つチームがいない、という今年のJ2リーグの特徴に助けられているとは思いますね。実際今日の仙台戦みたいに、高萩が消されて、服部が菅井に抑えられると拮抗した試合になってしまううわけで。

なんにせよ2位以下の争いは大混戦。連勝するれば福岡ぐらいまではチャンスがある、と思います。まだまだ目が離せません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »