« September 2008 | Main | November 2008 »

10/28/2008

先週末のJ2

いよいよ大詰め。広島、山形、仙台の勝利と、湘南、鳥栖、C大阪の敗戦で、入替戦までの3位とその下4位の差が勝ち点差6まで広がりました。実質自動昇格の残り1枠2位争いは山形と仙台に絞られた。

山形は伏兵・渡辺匠のゴールで湘南を振り切った。しぶとくしぶとく勝ちきるのはいかにも山形らしい。点は取れなくなっているが、点も取られない、という戦いが続く。残りはいずれも下位相手だが、やはり注意は個人能力の高いFWのいるチーム、熊本と水戸、か。なーんか、知事は「J1に上がると予算が大変」みたいな発言をしたみたいですが、財団法人である限りそれは宿命に近い、むしろ、そのようなチームでもトップリーグで戦える、という状況を楽しめばよいのでは?? 現在の選手が残せれば、組織力は悪くない、と思うし。多分、長谷川悠を残すのが一番大事、だと思いますよ。

一方の湘南はほんとに点が取れない。トゥットが帰ってきたのは驚き! だが、それも起爆剤にはならなかった。あと臼井ってほんとに運がない選手だな。横浜FCから、山形に移籍したら、横浜FCが昇格。今年もこのままでは、山形から移籍したら、山形昇格。よく「降格請負人」(有名どころでは現。・FC琉球所属の山下?)、「昇格請負人」(仙台の岡山が有名かな)は聞くけど、こういう選手はなんていうのかな。

仙台は、すさまじい逆転勝利。等々力に行くので家を出たときは、1-2で逆天を許していて、「前半にもう1点C大阪がとったら負けだな」と感じていた。東横線に乗り換えるとき携帯でスコアをチェックしたときは、中島の2点目が決まって、2-3.「追いつくかもしれないけど、4点はとれんだろう」。東横線を降りて等々力に向かって歩いていたときチェックしたら、4-3で逆転していて、ひっくり返ったね。昇格チームには必ずこういう勝利が必要なので、重要な転機になったのでは。

3ボランチが効いていた、ということだが、そのヒントは第2クール広島戦での3ボランチにあったと思います。あの試合も同じようなシステム(3-6-1)の広島相手にスコアレスドロー。次節広島戦で勝ち点1でもとれれば、3位以上はぐっと近づくのでは? 千葉、富田が出場停止もまだ1試合停止で済むのも、ここまで警告を少なくしてきた成果だし。天皇杯では宮沢を試すのか、個人的な希望は思い切ってりゃん君を真ん中で使ってみること、ですけどね。

一方のC大阪。3点とって勝てなくては。鳥栖戦の感想で、「今回は勝ったけど鳥栖には攻撃力がない、よって3バックでよくなったというのは早計」みたいなことを書いたけど、その懸念が悪いほうで当たってしまった。ジウトンをあえて使い続けてしまったこと、前に出るジェルマーノの相棒に攻撃的な濱田を使ったことなど、クルピ監督の思考はボールキープ、攻撃に傾いてしまっているし、チーム編成も守備的ないい選手が少ない。尾亦が怪我をしなければ、とは一番の痛手だったのかも。

というわけでいよいよ大詰め。今週末は天皇杯でお休み。ここでコンディションを整え再び熱いゲームを!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

J1第30節 川崎-札幌

行ってきました、等々力に。アゥエイ側のゴール裏がホームA席に開放されているのを始めてみました。久しぶりに座ってみましたよ。

川崎3-1札幌

いやまぁ大塚がかわいそうでしたね。ええ。あれだけセカンドボールをキープされてはきついな。もっとタテポンでダヴィに当てればいいのに。決して札幌が悪すぎとは思いませんし、去年に比べて劣化しているとも。惜しむらくはCB陣に怪我人がもう少し少なければ。曽田がいたら、箕輪がいれば、と。あぁ、西は成長してますよね。彼はどこかのJ1チームに抜かれるかもね。

札幌の今シーズンの誤算はまえにも書いたとおり、一つは曽田。三浦監督、大宮のときはトニーニョ、奥野の両CBがそのまま使えましたからね。そして、もう一つは多分J2で主力に成長した若手のJ1での伸びが思ったよりなかったことなのかな、と。具体的に言えば、芳賀と藤田。この2人がJ1に対応できていれば、かなり結果は違ったんじゃないか、と。この辺、多分来年昇格する可能性の高い山形あたりは他山の石では。

川崎の1点目、ゴール裏から見ていましたが、あの位置から打たれてはGKは見えん。コメント見るとケンゴにもコースは見えなかったみたいですが。あそこで打つのが一番肝要というところですか。

それにしても、その前のレナチーニョのペナルティエリアでのドリブル、あれは変態チックですよ。なるほど狭い局面で力を発揮するタイプということか。でもそれって使い方が難しいよな、と思いました。

あ、ハーフタイムには箕輪が札幌のサポ席に挨拶に来ていました。相変わらず律儀でいい選手だと改めて思いましたね。来年はどうするのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/26/2008

今日は

今日は
等々力。札幌戦。なんかJ2が大変なことになっていますが。仙台山形の勝ちは大きいな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

10/19/2008

J2第40節終了

いよいよ残り5試合。今節は今年の傾向と逆張りに出るケースが多かったようですね。

山形は苦手・岐阜に勝利。とりあえずは第1関門を突破というところ。ただあえて長谷川、豊田を先発から並べて使わなかった、ということは、小林監督はこの2人を並べて使うのにはちょっと不安を感じているのかもしれないな。なーんか、位置取りがかぶるんだよな。実際CFとしては、長谷川のボールの引き出し方のほうが秀逸、というか、山形躍進の要は彼のその役割面での成長にあると思いますね。次節湘南戦が第2関門。JAGSでも甲府の佐久間GMが言っていましたが、渋い我慢のゲームになるのでは? (第3クールの鳥栖戦みたいな)

仙台も苦手愛媛に勝利。いやぁ内容的にはひどく悪かったと思いますね。特にりゃん君が重かった。まぁこれはボランチの位置取りの低さにも責任はあるのかな。それでも勝ったことは評価したい。勝負弱さが特徴の仙台としては上出来、ですよね。とにかくも水戸戦の守備のズタズタ感は修正されたかな、と。

湘南は熊本に痛い敗戦。これも今年は2戦2勝だったのにね。やはり点が取れなくなっていることが気になる。点が取れないと、どうしてもこういう個人能力の高いFWに1発もってかれての敗戦、みたいのが出てきてしまう。

鳥栖ーC大阪は、3バックにしたC大阪が快勝。3-6-1、って広島、ですね。でも、広島より、カイオ、乾、香川の1トップ2シャドウは破壊力がある。でも、C大阪には森崎和幸はいない。3バックは前に出てきませんが、最後のカバーという点では不安が。鳥栖は攻撃力のあるチームではないので、これで全部解決、とは行かないような気もします。次節仙台戦が大一番。一方の鳥栖は、飯尾不在が痛かったかなぁ。

ここまでの5チームが多分最後の昇格1.5枠の争奪戦に残れるか、と。甲府は1試合消化が多いので、上位総崩れしないと(最低でも、山形、湘南が2敗以上かな??)多分届かない。

札幌、降格決定、か。曽田がいたらどうなったか、見てみたっかた、というのが一番の感想。(ブルーノクアドロスがいたら、というのは酷かな。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/06/2008

来週は天皇杯でJ2はお休みです、というわけでここまでの感想

えー、1週空きましたが、ここまでのJ2感想を。

広島、あっさりJ2優勝。強かったすね、んとに。でも個人的にはJ2で一番強かったのは2004年の川崎、だと思います。勝率は似たようなものですが、とにかく力でねじ伏せるという意味ではあの年の川崎、ガナハ、ジュニーニョ、マルクスのミラクル3トップが一番。広島は、巧さ、という意味では上回っていると思いますが、力強さといういみでは一歩譲るかな。あの年終盤に連勝を続けた大宮の強さに似てるような気がしますね。

で、問題は残りの1.5枠。今日山形が福岡に競り勝って少し抜けたような気もしますが、どうか。残りの相手湘南を除くと下位ばかりで一番楽なような気もしますが、点をあまり取れなくなっているのが気になります。守備は計算がある程度できますが、点が取れないと下位相手でも引分の可能性がかなりある。岐阜に弱かったり、水戸に荒田、熊本には高橋泰と個人能力の高いFwを擁しているチームも残っている。この辺を勝ちきれるかどうか、がポイントか。

3位の湘南。残りの難敵は山形とC大阪か。それと多分次節も坂本、田村は出れないはずなので、そこで熊本に勝ちきれるか、というところか。アジエルがいなくなって、爆発的な得点力が少しなくなっているのが気がかりといえば気がかり。まずは山形との直接対決に勝ちきることが肝要かな。

4位の仙台。甲府戦の引き分けは御の字だと思います。とにかくいまの甲府は強いですよ。湘南船も負けとはいえ攻めまくっていたわけですから。あと山形湘南の直接対決があるので、全部勝てば3位以内は確保できる位置にはいます。残りに広島、C大阪、鳥栖と上位が残っていますが、上位には結構強いんですよね、仙台は。だからそこはあんまり不安ではない、と言い切ってしまおう。広島から引分でもいいから勝ち点を取るのが必須条件、かな。あとは去年の終盤から苦手にしている次節愛媛戦。ここが注目かな。(今年の愛媛はチームが巧くできていませんがね)

あとは鳥栖。守備は計算できるので、攻撃陣次第。広島に勝つのは難しい、かなぁ。C大阪は今日も引分。とにかく守備が崩壊気味。ボランチに羽田じゃだめなのか、と言いたくなる。

こんなとこでしょうか。あ、あとは個人的注目は徳島。ここに来てチームが上昇気味。あたる山形、鳥栖は要注意では。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/05/2008

川崎大分戦&水戸岐阜戦

えーと、久々に2日続けて観戦に出かけました。

1試合目、川崎大分戦。川崎の観客動員数は数字で見る限り着実に増えていますが、実際に出かけてみて実感。大分戦で座って見れないとは。いやはやJ2時代を考えると夢のようです。ただこうなると、人気カードでは確かに今の等々力のキャパでは足りないかも。等々力改修の話がでてくるのも当然かも。ただ、あの等々力の優しい雰囲気が守れていけるかどうか。いまのところフロントのいい意味でのバカ企画などもあって守れていると感じましたが、これ以上観客動員数がふえるとちょっと心配。

ま、当日のヒーローのレナチーニョがお立ち台でポニョの歌を歌ってるうちは大丈夫か。

試合のほうは、谷口やケンゴがゴール前に進入する機会がほとんどなかった、スカパーの野々村さんのインタビューでケンゴが「楽でした」といっていた通りで、前4人で崩せてしまった、というわけで川崎完勝、ということでいいですな。レナチーニョも少しはジュニーニョとの位置のかぶりがくなくなってるような気もしますし。大分は悪くなかった、とは思いますよ。エジミウソンは奮闘してたし。ただやっぱり3トップへの対応、と、スピードに対するDFの対応が、いまいちだったかな。

で、今日は水戸岐阜戦。岐阜はリーグ序盤で旋風を巻き起こしていたこともあって、生で観てみたかったチーム。

で、序盤は水戸のパス回しに翻弄されて先制点まではいいとこなし。薮田がサイドに開いて、梅田が真ん中の底だったのかな。セットプレーの機会でも川島が前に上がっていかないのはなぜなのかなー、と思っていたら、初めてといってくらい前線に上がったときに川島にこぼれて、前が空いてるところにズドーンで同点。

後半に入ると一転岐阜ペースに。水戸の中盤の底の村松のところを小島に上手くケアされていたのが利いていたような気がしますね。あと朴宋真の右サイドバックはどうなのかなぁ、と。もっと前の鈴木良和を使えば、少しは違ったような気もしますね。中へ中へと切れ込んでしまうので、岐阜もそこはさすがにかっちり守ってますからねぇ。

しかし、岐阜はアウェーは強いし、点取るという印象が強いですね。今日見た限りはきっとそれは引いて守るということを意識してしないからでは? と。ホームチームは負けてるとどうしても前に出てくる、ところが岐阜は引いて守らない、というか、守れないのかな。ところが岐阜の前線は個人技に優れている選手が多い。片桐とか、小島とか、高木和正とか。そうなるとはまったときにはどんどん点が取れてしまうのかなぁ、と。バランスがいいとは言いがたいですけどね。

水戸は前節仙台を振り切った片鱗も見せられませんでした。赤星やビジュがいればもう少し違うのかなぁとは思いますが。荒田も一人で切り裂いていくというタイプではないので、ある程度いいボールが来ないとなすすべがなかったというか。朴チュホは良かったですがね。

試合後の星野の悔しそうな姿が印象に残りました。ガンバレ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日は

今日は
水戸岐阜戦。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/04/2008

等々力

等々力
今年初めて来ました。やっぱり人増えてるなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »