« October 2008 | Main | December 2008 »

11/30/2008

山形昇格おめでとう、&今週のJ2

山形昇格決定、これでJ2初年度にいたチーム10チーム中9チームがJ1へ。(残りは鳥栖ですね)基本的に組織的な守備が特徴だったチームに、その面が得意な小林監督がさらに色をつけ、プラス個の攻撃力が上手くかみ合った結果ですね。特に長谷川悠がフィニッシャーとしてだけではなく、組み立ての上でのボールの引き出し、収まりどころとして非常に成長したのが大きかったのではないでしょうか。
来年は、組織力の面ではJ1チームに遜色ないものの、個の力で打ち破られるケースがかなり出てくることが予想されます。そのための補強、まずはボランチと右サイドハーフではないかな、と。あとはレンタルの選手の引きとめ。特に長谷川悠と石川竜也の引止めでしょうね。ただ、長谷川は柏としても李の競争相手としては戻したい選手でしょうから、ここが残せるかが戦えるかの鍵になるのでは?? と思います。最悪豊田は名古屋に戻っても、代わりの補強は出来るかな、と思いますが、長谷川の代わりは難しいのでは??

残りの1枠、入替戦出場の3位争いですが、4位以下のC大阪、湘南、鳥栖が勝ち。鳥栖は得失点差の関係で勝点上は可能性はありますが、ほぼ絶望。C大阪、湘南も最終戦はかなりプレッシャーがかかるのでいつもどおりに出来るかでしょうね。特に湘南は相手が福岡で、結構厳しい相手。C大阪も攻撃面ではあまり不安はありませんが、守備面でどうか。ここ2戦の草津、湘南は攻撃に不安のある相手ということで、正直まだどうかな、とでも、。愛媛も決して調子は良くないので、勝てるかな。
あとは仙台は、毎年どおりの勝負弱さがここに来て出てしまっている印象。昇格した年もこんな感じ(当時下位の甲府、鳥栖に連敗)だったのでまぁこれはチームカラーということで、別に驚きはしませんし、さほど不安でもない。く最終節はC大阪がまず勝つと考えて、とにかく勝つしかないという状況になったことをプラスに考えるしかない。まずは先取点でしょうね。先取点取ればだいぶ楽。

あとはJ1の残留争いですが、東京Vのここのところのへたれっぷりと相手が川崎ということを考えると、相手は東京Vもしくは千葉かな、と。磐田ー大宮は、大宮が今日の試合を見ても悪くないので、大宮引分以上の可能性が高い。となると磐田も可能性はあるのかな。でも攻撃の1発という面では磐田はあるから、うーん。
C大阪が入替戦に来ると、殴り合い必至なので得点力に苦しむJ1下位チームはどのチームも苦労しそう。仙台の場合は、個人能力の高い選手が多いチームはいやでしょうから、磐田が一番いやなはず。前田、ジウシーニョの2トップは岡山、木谷には荷が重い。さてどうなるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/24/2008

水戸-甲府戦とか、先週末のJ2

多分今年最後のJ2生観戦に笠松へ昨日行ってきました。
甲府は主力が抜けていたけど、目指す方向性はぶれていないですよね。それでも、勝ちきるためには最後は個の力が必要。この日もチャンスは作るけど羽地がなぁ、というところが。マラニョン、サーレスが来年も残れば、面白いと思いますね。
あとは激しく守備をするのはいいけど、どうにも荒っぽい。輪湖の1発レッドはかわいそうですが、なぜあそこであれほど激しく行くのか?? というところですよね。長いJ2カードの累積は確実にダメージを残すので、このへんどうするかですよね。
水戸は、リーグ中盤に比べるとなんか劣化しているような。どうにもロングボール主体で攻撃が散発。中盤の底に村松がいたときがベストだったと思いますが。

というわけで他のJ2チーム感想。
やはり、山形は少し固かったのかな。この局面でGKのミスとは痛すぎ。次節は愛媛、最終節は水戸、ですが、今年は愛媛が例年のようなシーズン中の上積みが見られない、水戸も前述のように劣化気味、と相変わらず優位は変わらない。ほぼ自動昇格は決まりだと思いますがね。
広島は、いやぁ監督マジック炸裂。森崎浩司のリベロってなんの冗談だよ、って感じ。底にとにかく気迫だけは異常にある都倉、では分が悪かった、とういう感じ。まぁそれでも勝っちゃうんだから、J2はなめられちゃうよな。
前回コメントで。「点が取れない」対「守れない」と書いたC大阪-湘南戦は、C大阪の勝ち。やっぱ湘南は店が取れないな。これで3位の挑戦権はC大阪、ということですが、仙台はとにかく1つ勝てば良いわけで、優位は変わらないな。
鳥栖は、徳島に負け。ここで徳島勝つとはね。次節仙台戦に奇跡をかけますが、ガチンコ勝負だと仙台に分があるような気がしますね。仙台は引かれると上手くいかないけど、ポゼッション勝負だと精神的な重圧もなくなるんじゃないかな。

というわけで後2節。今年生観戦できたのは、仙台、山形、水戸、横浜FC、甲府、C大阪、岐阜、徳島、鳥栖、熊本、広島の11チーム。逆に観なかったのは、草津、湘南、愛媛、福岡。なかなか全チーム観戦は難しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/23/2008

ほりくんもガックリ

ほりくんもガックリ
PK外しちゃうんだもんな、赤星。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うおりゃー

うおりゃー
今年最後の笠松観戦。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/22/2008

昇格への道は厳しく、でも自分を信じて~J2第43節横浜FC-仙台

初めて三ツ沢のS席に行きました。三ツ沢自体が非常に見易いスタジアムですので、もちろん満足ですが、前売り3500円の価値があるかは??? で、崎陽軒のシューマイ弁当を食べ終わって試合前ぼんやりしていると目の前を知っている顔が。なぁんと、川崎の吉原と鄭ではないですか。なぁんか得した気分。

横浜FC2-2仙台

正直仙台は固かったかなぁ、と思います。横浜FCは引き気味であったのは事実ですが、CB、特にエリゼウが中央をしっかり固めたこと、サイドに仙台が展開すると、ボランチ含めた2,3人があっという間に囲んでしまうため、なかなか有効な攻めが出来なかったというところですね。
これが仙台の攻略法だ! といえばそうですが、去年からこれをやられると、展開力がなくなるというのは相変わらずだと思いますね。大きなサイドチェンジとか、個人能力による突破とか、そういう部分は一朝一夕では解決されるものでもないですし。まぁ、横浜FCは予想通り守備は固くなっていますし、そこを徹底してきた点は横浜FCをほめるべきでは。
あとはやっぱり難波。彼の裏への飛び出し、高さには相当手を焼いていたし、彼を抑えれば根占の2点もなかった。正直横浜FCが上手く攻めていたとも思わないんですけどね。
まぁそれでもよく追いついたな、と。その面では今年の仙台は運があるのでは。1点目はエリゼウをサイドにつり出した時点で勝負あり。ロスタイムの2点目は、中原が上手く収めましたよね。あれがいつもできればいいんですけど、あの場面でそれが出来たことを良しとするべき。
というわけで、山形は明日勝てば2位確定。ここでプレッシャーがかかって、変わるのか、いつもどおりか。まずは先取点でしょうね。
明日は、今年最後のJ2生観戦。水戸ー甲府に笠松へ行く予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドロー

ドロー
中原のロスタイム同点ゴール。チョンテセや吉原が見に来てたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三ツ沢

三ツ沢
いい天気。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/16/2008

天皇杯でのJ2勢とか、1週空いたJ2とか

いやぁ。鳥栖。5点取るとは。神戸はレアンドロ、ボッティ、大久保抜きとはいえ、鳥栖に5点取られてはいけません。鳥栖は前節のリーグ戦では草津相手に3点、この天皇杯では5点と急に点が取れるようになったな、と。藤田のパートナーに苦しんでいたのが、廣瀬がフィットしてきたということでしょうか。それでもリーグ戦は苦しいことには変わりはない。仙台戦勝っても、仙台が取りこぼしをしないことには追いつかない状況には変わりはないわけですから。
でもJ1勢は、甲府といい、今回の鳥栖といい運動量勝負のチームには意外に脆いな。今日のG大阪も足をすくわれるかも。
広島は試合全部を観てるわけではありませんが、結構楽勝、だったみたいですね。先週の仙台戦では仙台の堅い守備に苦しんでいた、という印象でしたが、川崎の守備なら2シャドウで楽々ということか。今回はゼロトップ気味でしたが、これまたJ1のチームにはない形ということで、J1チームのなれていないことに対する脆さがでた格好でしょうか。
まぁ、この辺が入替戦に臨むチームにとっては、とってもヒントになるのでは? 実際、過去の入替戦、初回の福岡以外はJ2勢が勝っているのですが、みんな変則的、なシステムだったことが効果的だったのでは、と思いますね。
福岡はオーソドックスな4-4-2。でも、次の年以降甲府、神戸は変則3トップが基本のチームだったし、去年の京都はカトQマジックとシステム面で特徴的なチームだった、ということは言えると思いますね。
そういう意味では、3ボランチ、1トップというオプションを持っている仙台や、香川、乾の攻撃力が生かせるC大阪あたりは入替戦でも結構やるのでは?? と思ってしまいますが。
ただ、まだ何も決まっていない。今はリーグ戦に集中する時期でしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/09/2008

今週末のJ2

残り今節を入れて4試合。そろそろ昇格も絞られたか? という感じですが。

山形は徳島を3-0で振り切り。宮沢がいなかったり、石井が出場停止だったりと結構厳しかったんですが、勝ちましたね。少し前に「徳島、侮れないよー」みたいなコメントをしましたが、だめでしたねー。っていうか、今年のJ2の特徴でもあるんですが、極端に守ってカウンター、みたいな戦い方をあえてしなかったのが、裏目、というか。ここまで山形はプレッシャーと無縁、みたいですが、次節はいよいよ勝つと2位以内確定、という条件が出てきます。相手はここのところ好調な熊本。いよいよヤマですね。高橋泰を抑えきれるか??

仙台は広島相手に貴重なドロー。2位は厳しくなってきてはいますが、この試合はドローOKでしょう。佐藤寿人はともかく2シャドウは上手く3ボランチで抑えられたと思いますね。残りは横浜FC、鳥栖、草津。結構横浜FC戦が山かなー、と。横浜FCも守備はそんなに軽くはないのと、アンデルソンや池元、難波あたりは1発があるから。

広島は、ペトロビッチ監督が「仙台はラッキーだった」とか、佐藤寿人が「仙台はロングボールばかりで、これでJ1は戦えない」とかいいたい放題ですが、それでも前半は仙台の前線3人に結構てこずっていたと思いますね。正直この出来では、天皇杯の川崎戦は不安。川崎の前線4人は仙台の比ではないので、耐え切れないのでは。今のままでもJ1中位くらいの力はある、と思いますが、点はもっと取れなくなるはず。後ろでキープ力があることも、点が取れなきゃ持ち腐れですからね。

湘南、鳥栖、C大阪と追いかけるチームがいずれも勝ち。次節C大阪-湘南戦は大一番。チャレンジ権をかけた戦い。点の取れない湘南と守れないC大阪、どちらに転ぶか。

いずれにしてもあと少し。ただJ1の残留争いが熾烈で、入れ替え戦にどこが出てくるのかがわからない。この時期になるとそこも気になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/03/2008

天皇杯

天皇杯
川崎はベストメンバー。昇格濃厚な山形にとっては試金石では。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »