« April 2009 | Main | June 2009 »

05/17/2009

スコアレスドロー

スコアレスドロー
あんまり流れの中で点が入る気がしないゲームだったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

味スタ

味スタ
風が強い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここのところのJ2

久しぶりに土曜日に本業を休みました。と思ったら国内で新型インフルエンザ感染ですか。これは本業にもいろいろ影響が出るかなぁ。

というわけでここのところのJ2。今日千台の連勝が止まりましたね。立ち上がりのセットプレーの1点が痛かったかな。2点目の失点もここまでの仙台らしくないといえば、仙台らしくない。でもまぁ調子いいし、実際強い。ここまでの勝ち点奪取率は70%超ですから、文句のつけようはありません。いかんせん、湘南、C大阪も負けない、というだけのこと。(特に湘南のここまでの勝ち点奪取率80%以上は驚異的)

去年との大きな違いは、ほとんどの場合下位に勝ちきれちていること。守備の強さは去年と変わらず、プラスは、梁のフリーキック精度の向上、試合運びの熟成でしょうか。そもそも仙台の攻撃システムは結構特殊で梁と関口が頻繁に前線にも顔を出しつつポジションチェンジを繰り返すというところに特徴があると考えます。普通こうすると妙に逆サイドが開いたりするものですが、そこはSBが高い位置に来て埋める、と。となるとFWは結構工夫をしたポジション取りをしないとやたら詰まったり、孤立したりする。典型的なCFタイプではない選手を起用し続ける理由はそこにあると思いますね。その意味でマルセロソアレスも慣れるのに時間がかかったと思いますが、そろそろ組み込まれてきたようです。土曜日は荒っぽい徳島の守備とロングボールがはまった感じですが、仙台は今後も安定して勝ち点を稼げるのでは? と思います。

その他では札幌も負けなしが続きだいぶ順位を上げてきましたね。ただ、仙台や湘南と比べると守備の安定度はいまいち。この辺を前からのプレス→ショートカウンターやクライトンのキープ力、運動量でカバーしきれるか? が注目かな。C大阪戦のようにはまりさえすれ強豪にも勝てますが、守備が安定しないと下位に勝ち点を落とすケースも出てくるわけで。この辺石崎監督の手腕しだいでしょうか。(なんとなく攻め達磨でカバーしようとしている気がするけど)

というわけで、日曜日は味スタに行くつもりです。そうそう、大黒の動き出しはJ2では明らかに反則級。その動き出しを生かせる様になっているかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2009

高崎の存在感~J2第12節水戸-鳥栖

GWです。PCのOSを入れ替えたりしていてぱたぱたしていましたが、笠松に好調水戸を見に行ってきました。少し遅れたけどその感想。

水戸の今年のサッカーはとにかく肉を切らせて骨を断つ、ということではないでしょうか。平松、朴、赤星と去年の主力を流出させながらも、上手くその部分を森村、キム、高崎で補いつつ、好調荒田や菊岡の成長でカバーできている、というのがここまでの戦い方かな、と。特に高崎には感心。この日はほとんどハイボールの競り合いで負けていなかった。得点はとっていないのですが、とりあえずロングボール→高崎が競り勝つ→そこの森村や菊岡がキープ→その間の時間を使って両サイドバック、中盤が押し上げる、という繰り返しが非常に効果的。その肝が高崎の強さ、ですよね。今年調子の上がらない鳥栖相手であれば、これで十分ポゼッションは取れるわけで、なにも中盤のパス回しだけがポゼッションではないよ、という木山監督の意図がよくわかる試合ではなかったかなと。当然荒田の常に裏をとる動きや決定力、得点を取れる位置に入り込む嗅覚あってのものですが(2点目のニアへの入り込みとかはさすがですよね)、これは点を取っているのは個人能力頼みではないよ、ということを示してくれるには十分すぎるゲームでした。

一方でとにかく点を取られすぎなのはまちがいありません。CBは不安です。大和田、激しく不安です。セントラルMFの守備も不安。この部分もう少し安定すれば今の順位をキープしていく可能性は大です。

一方の鳥栖は、まだまだ迷いがあるように感じられました。藤田がいなくなったことで前線でのキープに時間が稼げない、その上島田のところで運動量がどうしても他と比べると少ないので、勢い中盤の底に負担がかかる。ここに人材がいないので、組み立てられない、といったところでしょうか。今日の試合で言えばその部分は谷田が担うべきだったのですが、上手くいかなかった。業を煮やしたのか、前半の終盤からは山田がその位置に入っていましたからね。全員の運動量で何とかするのが鳥栖、ですから、そういう意味ではまだまだ時間がかかるのかな、というのが感想。湘南の反町監督が「J2のサッカーは高校サッカーみたい、なチームが多い」と感想を言っていたと記憶しますが、いい意味でその典型が鳥栖、のはずなんですが、ね。

その他のチームでは、C大阪、甲府と上位陣が負け。仙台が下位チームに対し勝ち続けることによって浮上してきました今日みたいな殴り合い上等! といったサッカーをしたとき水戸は上位陣に通じるのか?? が注目。とりあえず非常にソリッドなた高い方をしてくる仙台相手にはその守備力の前に負けてしまいましたが、C大阪あたりとはどうかな??

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/02/2009


今年初笠松。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »