« アップセット | Main | 大宮公園サッカー場 »

10/11/2009

2009天皇杯 東京Vーホンダロック

久しぶりに観戦しました。天皇杯の2回戦、等々力にしようか、西が丘にしようか、迷いましたが西が丘に。偶然番狂わせに出会ったしまった。相手がホンダロックなのでそれほど観客はいないだろうとたかをくくっていたのですが、結構ホンダロックの応援もいてバックスタンドはほぼ満員でしたね。
で、なんで番狂わせになったかという私なりの感想を。東京Vはもうほとんどベストメンバー。メンバーを落としたということはない。ホンダロックはいつもの試合を見てるわけではないので、これがチームのスタイルかどうかはわかりませんが、はっきり守備的。一応3バックと見ましたが、両ウイングがボールをもたれると最終ラインにセットしてしまうので5バックと言ってもいいのかも。CKの時も前半からフィールドプレーヤーは全員ゴール前に戻ってきて誰も前線に残さない、とにかく守ってカウンターを徹底、という感じでしたね。
ただ、攻撃に移ったときには最終ラインに吸収されているWBも相当のスピードで前線参加をする、これが最後まで徹底されていたのには感心。あとは1トップ気味の10番の選手がかなりがんばっていて、結構キープができていたのが大きかったかな。
逆に東京Vはボールを握ったときには前にスペースがあるので、バイタルエリアまでは運べる、ただその先の工夫がどうにも、という感じ。普通こういうカテゴリの大きく違う試合だと優位な側はとにかく崩しまで行ってるけど、最後のCBやGKやポストの踏ん張りでしのぐ、みたいな展開が多いと思うのだが、今日の東京Vはそこまでもいっていない。サイドアタックの徹底とか、個人技、ドリブルやキラーパスを生かした攻めとかそういうのがあまり見られないという、非常に困った展開。唯一期待を持てたのが、途中交代の永里だけではそれは点は取れないわな。後はセットプレーだとおもうのですが、これもホンダロックはゾーンで守っていたと思うので、結構大外とかフリーの選手がいたと思うのですが、合わしきれない、という。
逆にボールが持てる分、両SBがあがると、そこの裏をホンダロックが運動量を持って狙う、という展開で、当然最後の精度はホンダロック側にはない、わけですが、内容的にはホンダロックの4分6分くらい、という拮抗した試合になってしまったのが、番狂わせの原因かなと。PKもらったプレーも冨澤のあがった裏をつかれて、中に切れ込んだところで冨澤の対応が少し遅れた、というものですから。
今年の天皇杯は妙に番狂わせが多いのですが、この試合に限って言えばまぁあまり運の要素はなかったかなと思います。河野とか、柴崎とかもっとエゴだしていいと思いますし、その方が怖い。この辺のバランスの取り方の改善が課題でしょうね。では。

|

« アップセット | Main | 大宮公園サッカー場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/46458791

Listed below are links to weblogs that reference 2009天皇杯 東京Vーホンダロック:

« アップセット | Main | 大宮公園サッカー場 »