« October 2009 | Main | December 2009 »

11/29/2009

いよいよJ2最終節、に向けて昇格のメソッドなど

えーと、結局J2昇格争いは最終節にもつれ込みましたね。甲府-湘南の直接対決は引き分けと予想しながら大外れ。このため、湘南が有利なはずだったが、今日は引き分け。でもまぁ直接対決で勝っていたので残り2試合1勝1引分で良かったのでそれほど痛手ではないはず。水戸戦は勝つしかない、ので、それで逆に心理的にいい方向に持ってけるかどうか。ドローでも良いですよ、となると、後半まで0-0でいくと攻めるか、守るか、がむしろ難しくなる可能性もあるしな。水戸は仙台の時もホームで昇格を決められているので、意地を見せられるかどうか。
で、今日の試合後の草津・佐野監督のコメントにこんなのがありました。

Q:湘南と3度対戦して今季負けなしですが、なぜ湘南に対して成績がいいのでしょうか。
「反町監督に対してはライバル意識もありますが(笑)、湘南のスタイルがはっきりしている。昇格バージョンのサッカーをしていて、カウンター、完全リアクション化している。それには十分対応しなければいけないということで、今週もそのトレーニングをしてきました。あと決定的な仕事のできる選手、田原君、坂本君、アジエル選手などのケアをグループで、ユニットでやろうというところが今季の3試合の結果に繋がったと思います」

「完全リアクション化」という言葉に反町監督が完全同意するかはわかりませんが、昇格のメソッドとして「まず守備から」というのがあるのは間違いない。(それを超越してしまったのは去年の広島くらいかな)ただ、単純に守備的ではさすがに勝ちきれない。勝ちきるためには攻撃のメソッド、基礎力は必須。その点を個人能力、力のある外人選手に依存するか、組織で対応するかはチームによりますよね。今年だと、図抜けた外人ストライカーを保有しているチームはJ2にはないと見ますが、どちらかというと仙台・湘南は組織力重視寄り、甲府が個人能力寄りかな。あ。C大阪には守備のメソッドはあまりないですよね。これは特殊例。どちらにしても、やはり今年のJ2上位チームも基本的には昇格のメソッドを実行したチーム、と言っていいと思う。
特に仙台はやろうと思えばいくらでも攻撃的にできるチームではないかな、と考えます。でも、それでは過去2年勝ちきれなかった。だから、面白くない、と言われようが、「手堅く」戦ったことが結果を残した要因であったと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/08/2009

昇格おめでと、C大阪、仙台

C大阪はともかく仙台まで今日昇格が決まるとはね。湘南、甲府が残り直接対決を除いても全勝でいくとは思わなかったけど。両方とも今日勝てない、というのはなかなか想像外。まぁ考えてみればここのところ安定した戦い方を福岡も東京Vもしていたわけで。とにもかくにも両チームに関係する皆さん、おめでとうございます。
で、残り1枠。甲府と湘南。(鳥栖にも可能性はあるが、直接対決引き分け、残り全敗が条件では厳しすぎる。)甲府の残りが、湘南、岡山、熊本。湘南の残りが、甲府、草津、水戸。直接対決は小瀬なので基本甲府有利ということでいいと思うが、甲府は実はあまり得点力はないと思う。確かにマラニョンは速いし、金信泳は強いんだけど、最後のシュートの上手さという点では少し不安がある。当然反町監督のことですから、この試合はリアリストに徹することは想像に難くないので、なんらか手を打ってくるだろう。引き分けは十分にありうる。

となると残りの試合次第。どっちが楽ということはないとは思うが、個人的に不気味なのは甲府の最終戦、熊本。藤田真ん中のゼロトップとか、妙に攻撃的にきて上手くはまるときがあるので、ここが波乱がある可能性あり。水戸、草津も都倉、荒田の一発はあるけど、うーん。最終節まで行きそうだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/07/2009

天皇杯とか、永井の記事についてとか

なんか最近アクセスが多いなぁ、とおもっていたら、コメントで気がついたのだけどサッカーコラムJ3に永井の記事が引用されていたのか。気づかなかったな。こんなに引用されるのは初めてでビックリ。やっぱJ2に関する記事って少ないのかも。サポーターサイトは多いけど、ね。
で、先週は写真をアップしたとおり天皇杯の大宮ー仙台戦を観戦。感想は、仙台は今年のスタンダードの戦い方をして、普通に勝った、という感じ。序盤こそ、ラファエル(いい選手ですね)の個人技に戸惑い気味だったものの、前半途中からはしっかり中央をブロックで固めることができたし、得点もセットプレーから。なるほどJ1中位以下なら十分に「互角」に戦えることは示せたかな、と。朴欠場、菅井途中交代で仙台攻撃面の特徴である両SBの高い位置取りは試せなかったけど、その他についてはまず及第点ではなかったかな。それでも圧倒できなかったのは事実なので、まだまだレベルアップの必要性はわかったかな。
大宮サイドから見ると、ボールは支配した、という感覚なんだろうけど、実はそれが今年の仙台の戦い方。ああいった展開は仙台の得意なので、それを破るための個人の工夫、コンビネーションにかけていたことは事実。実力は上、とか勘違いをしていると、来年はもっとやばいかも。監督は分かってる感じのコメントしてるから心配はないのかもしれないけど。
仙台にとっては、次の対戦は勝ち上がってくれば、FC東京。これが一つの試金石かな。

J2もいよいよ終盤。日曜日にも1つめの昇格枠が決まる。仙台はよほどのことがない限りは、たぶん大丈夫。のこり1枠、鳥栖が上位対決で勝ち点を積み上げられなかったので、ほぼ湘南・甲府の一騎打ち。うーん、ここらあたりで反町監督の戦術家としての大バクチが出てくるような気がするので、わからない。どうなりますかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »