« 昇格おめでと、C大阪、仙台 | Main | 2009 J2 終了 »

11/29/2009

いよいよJ2最終節、に向けて昇格のメソッドなど

えーと、結局J2昇格争いは最終節にもつれ込みましたね。甲府-湘南の直接対決は引き分けと予想しながら大外れ。このため、湘南が有利なはずだったが、今日は引き分け。でもまぁ直接対決で勝っていたので残り2試合1勝1引分で良かったのでそれほど痛手ではないはず。水戸戦は勝つしかない、ので、それで逆に心理的にいい方向に持ってけるかどうか。ドローでも良いですよ、となると、後半まで0-0でいくと攻めるか、守るか、がむしろ難しくなる可能性もあるしな。水戸は仙台の時もホームで昇格を決められているので、意地を見せられるかどうか。
で、今日の試合後の草津・佐野監督のコメントにこんなのがありました。

Q:湘南と3度対戦して今季負けなしですが、なぜ湘南に対して成績がいいのでしょうか。
「反町監督に対してはライバル意識もありますが(笑)、湘南のスタイルがはっきりしている。昇格バージョンのサッカーをしていて、カウンター、完全リアクション化している。それには十分対応しなければいけないということで、今週もそのトレーニングをしてきました。あと決定的な仕事のできる選手、田原君、坂本君、アジエル選手などのケアをグループで、ユニットでやろうというところが今季の3試合の結果に繋がったと思います」

「完全リアクション化」という言葉に反町監督が完全同意するかはわかりませんが、昇格のメソッドとして「まず守備から」というのがあるのは間違いない。(それを超越してしまったのは去年の広島くらいかな)ただ、単純に守備的ではさすがに勝ちきれない。勝ちきるためには攻撃のメソッド、基礎力は必須。その点を個人能力、力のある外人選手に依存するか、組織で対応するかはチームによりますよね。今年だと、図抜けた外人ストライカーを保有しているチームはJ2にはないと見ますが、どちらかというと仙台・湘南は組織力重視寄り、甲府が個人能力寄りかな。あ。C大阪には守備のメソッドはあまりないですよね。これは特殊例。どちらにしても、やはり今年のJ2上位チームも基本的には昇格のメソッドを実行したチーム、と言っていいと思う。
特に仙台はやろうと思えばいくらでも攻撃的にできるチームではないかな、と考えます。でも、それでは過去2年勝ちきれなかった。だから、面白くない、と言われようが、「手堅く」戦ったことが結果を残した要因であったと思います。

|

« 昇格おめでと、C大阪、仙台 | Main | 2009 J2 終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/46894338

Listed below are links to weblogs that reference いよいよJ2最終節、に向けて昇格のメソッドなど:

« 昇格おめでと、C大阪、仙台 | Main | 2009 J2 終了 »