« いよいよJ2最終節、に向けて昇格のメソッドなど | Main | 国立 »

12/09/2009

2009 J2 終了

長い長い51試合のシーズンも終了。しかしまぁ51試合ものリーグ戦は凄い。来シーズンはJ2も36試合とまっとうな長さになるな。というわけで今シーズンJ2の個人的まとめ。
シーズン前の個人予想は、順位完全的中が3チーム、順位誤差の絶対値平均が2.8。ちと外しすぎかな。最大順位差が6、湘南、福岡、横浜FC、岐阜、か。湘南は加藤望、斎藤の穴が不安、と予想したがその穴を見事に寺川、村松が埋めた。田原のCF起用も含め、反町監督の手腕はやはり認めざるを得ない。岐阜もあれだけ大卒新人があれだか活躍するとは、J各チームのスカウト力が問われるし、使い続ければ若い選手は成長するものだと実感。クラブ運営をとりまく状況は厳しいが、こういうチームの作り方もあるのかと参考になる戦い方だったのでは。
今年も外人ストライカーに強力な選手はあまりいなかったために日本人の点取屋の活躍が目立つリーグだったのは去年と同じ。都倉の強さ、大黒の動きだしの鋭さ、高崎の高さとかが個人的には印象に残ったな。
そんな中で優勝したのは仙台。仙台についての個人的な見立ては、J2レベルにおける鹿島じゃないのかな、ということ。攻撃の組織力は十分持っているのに、守備を重視した堅実な戦い、が鹿島的。逆にC大阪は川崎、か。
何はともあれ、長いシーズン、面白かった。今年はJリーグを見始めて初めて等々力に行かなかったり、あまり生観戦はできなかったのが残念。個人的な優秀チームは、富山に。ベストイレブンは、林、臼井、渡辺、エリゼウ、村松、田村、梁、香川、坂本、藤田、都倉、か。

|

« いよいよJ2最終節、に向けて昇格のメソッドなど | Main | 国立 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48402/46974461

Listed below are links to weblogs that reference 2009 J2 終了:

« いよいよJ2最終節、に向けて昇格のメソッドなど | Main | 国立 »